ボラティリティに負ける

金融取引で、損失が出て、破綻するパターンのほとんどが
ボラティリティショックだと思う。

いわゆる流動性の低下で、VARショックが起こって
スプレッドが拡大、決済不能に陥るパターンもある。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%90%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%82%AF

滅多に起こらない確率になっているが
実は、たまに起こる。やばいことに、そのたまにが、頻繁に起こってしまうということ。

なぜ、頻繁に起こるのかというと
レバレッジ、借り入れを行って投資している投資家が、価格変動を加速化させる原因になっているということにつきる。

まず、金利の変動で、金利が上昇する時、急騰するパターンが多い。
それは、債券価格が、暴落するからだ。

https://www.boj.or.jp/statistics/boj/other/mei/index.htm/

2019年2月28日の時点で458兆2150億円の国債を日銀は保有しているが、金利上昇=債券価格の落下で、市場で取引されているのが、債券価格なので金利は、そこから逆算します。

金利が上昇すると、国債の価格が落下する訳ですから、評価損がでて、長期国債を保有している地銀、信金などが破綻するでしょう。

金利が2%上昇すると日銀は、45兆円の評価損が出ます。日銀の自己資本は、5.7兆円しかないので、当然債務超過になります。
現時点の保有している国債が、満期になったら-12兆円なので、既に、債務超過している状態なのですが、仮に金利が5%になったら、金利の支払い国債費は、23兆円、日銀の評価損を政府が埋めると財政破綻します。

お札を印刷するだけで、経済が良くなるということはありません。

去年2018/07/23、長期金利が、0.04%から0.09%に跳ね上がった時
債券の値崩れで始まると、売りが殺到して、市場金利のスパイラル上昇につながる。

債券投資家の地獄で、この悪循環に陥ると、売るに売れなくなって、評価損が急拡大して、一方方向の展開になる。まさに、暴落って感じで
レバレッジをかけて、借り入れを行っている投資家が、とんでしまうということだ。

統計に問題あり!?

統計データって、その発表者の都合の良い情報に歪曲される場合が多い、企業とかの組織、政府発表とかはそういう傾向が高い。

最近の気になる統計発表で
消費者金融の会社、プロミス、SMBCコンシューマーファイナンスが発表していたデータで、30代、40代の貯金が0円が2割

http://www.smbc-cf.com/news/news_20190306_944.html

https://news.mynavi.jp/article/20190307-784722/

これは、怪しい。
消費者金融を正当化するためのグループで説明する為の資料なのかって思う。

職場でも、金融の知識を向上させようとする人は、実は皆無で
だから、お金がないって思うのだが
学ばない者は、明日がないって思うのだが、余計なお世話なんだろう

投資をやっている人を見ると

雰囲気で株をやっている人もいたり
大抵は、過去の価格からの値ごろっていうのが投資判断になっているようだ。
あと、株式投資での、ニュースでの暴落したやつの逆張り買い祭に参加するとか

要は、あんまり、考えてないのかって思う。
そのあんまり考えてないっていうのが、アスペルガー症候群的には、怖いって思う。

地方銀行

ここ最近のネタというか、驚いたことで地銀の営業が活発で
ちょっと、異常な位、リスクが高すぎだろって

なにが、どうリスクが高いのかというと
人口の絶対数が減少し、人口の3-4割が高齢者という世の中では、国力の衰退は避けようがない、そんでもって成長が期待出来ない日本に金融資産を集中させるのは、リスクだけが高くてリターンがない状態

リスクと、リターンが、まったくあってない金融商品を、いかに、お得に見せるテクニックというか、腹話術を見た気がしました。

そんでもって、金融商品の税金だけは、諸外国より高くて
そういう意味では、全くバランスが取れてない金融商品を売り込みが激しい。

職場で、金融知識がない人は、わっすごいって、お得な感じって言っていた人がいた。50過ぎのおばちゃん。いいカモだと思う。

そういうのを聞きながら、やばいなー、間違っていると思いながら、はまるんだろうなーっていうか、知識のない情弱が、食い物にされる金融って恐ろしいと思った今日この頃でした。

3月のSQ

SQ3日前の 日経の動きと、その後の動きが逆になる場合もあり

12月がそうでしたが、12月の時は、売りを3月に乗り換えロールで
買い戻しで、2日上昇SQ後落下

3月のSQは、明日ですが、出来高を見る限りでは、この5日間で、乗り換えがかなり進んたようです。
乗り換え終了で、ここから再度上昇になるか
それとも、トレンド転換で、暴落になるかなんともいえません。

25日移動平均線のベクトルは、上向きですが
26週移動平均線のベクトルは、下向きです。

実に悩ましい 日経は52週で、頭を押さえられたのかっていう感じです。

ナンバーズを予想する手法 ディープラーニング

ディープラーニングだから、ただ単に過去のナンバーズの数字を入力して学習させると、未来やってくる数字の確率を計算♪って、簡単にいかない。

まず、ディープラーニングを語る前に、ビッグデータからだ。
過去のナンバーズの数字のデータから、色覚的にわかる数字の法則性を捉える。
IQが高い人だったら、比較的、簡単なはずだ。IQテストは、法則性、気づきのテストだからだ。ちなみに、私のIQは、先日テストしたら、193 上位16.09%、やっぱアスペルガー症候群なのだ。

まず、ナンバーズ4の法則で、ストレートの場合だと、0000から9999の1万通りだが、これが、数字の並びは関係ない予想、つまりボックスの場合だと、815通りになる。

つまり、ボックスで当選したいのならば、815通り買えば、絶対に当たるという計算だ。1口が100円で、81500円買えば、確実に当たるわけだが

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/numbers/numbers4/index.html

大抵の場合は、当選金額が、81500円以下になってしまう。
どうしてかというと、確率的に、来ないパターンって、実は存在する。数学的に証明できる。

まず、同じ数字が4つ並ぶとか0000とか7777は、滅多に来ない
後、3つ並ぶのも、1/20ぐらいの確率でしか来ない。

ところが、同じ数字がヒットする確率は、意外に高い。
という具合で、どのような因子で、その数字がやってくるのかというルールを定義して、それが、来たパターンと、来てないパターンと、学習させる教師データを作成する。

後、数字のもつれっていうやつで、前回来た数字が、次回に引き継ぐ確率も、非常に高い。

そういう、ありとあらゆる確率を計算させて、次やってくる数字で確率が高い数字を導き出す訳だ。

それ以外に、当選金額と数字の法則で、例えば、月日みたいな数字の場合だと、当選金額が少ない。恐らく、自分の誕生日、02月16日だと、0216 ってな具合で、選ぶ人が多いんだろうなって思う。高額当選の場合は、大きい数字9とか8とかで、始まった場合だと、高額当選になる。

ナンバーズ4を純粋に投資として考えるならば、当選する確率が高い数字で、かつ当然金額が高額なパターンを狙って買うべきだろう。
つまり、セットで買うと、セットの場合は、ストーレト半分、ボックス半分という買い方になるので、もしストレートで当たった場合は、ストレートの半額受け取れる。狩りに仮にボックスで当選した場合でも、ボックスの半分ということで、確率的に高いのと、運が良ければ高額賞金も狙える方法なのだ。

ディープラーニングで、宝くじを予想する!!

その昔と言っても、10年ほど前に、某大手出版社の社長に
宝くじを当てるソフトを開発してくれっていう話で

正直、バカバカしいって思ったけど
不可能に挑戦してみるというのが、アスペルガー症候群の純粋というか、アホなのかは、わらないけど、研究して、ソフトを開発したことがある。
ちなみに、そのソフトは、その某大手出版会社が出している週刊誌に取り上げられたことがあって、週刊誌っていうのが、またまた嘘っぽくて

それでも、その依頼主は、ナンバーズ4のストレートを2回もそのソフトで当てた実績がある。

私は、確かに、当たるけど、寺銭、つまり税金が高くて、長い間やり続けると、損するので、辞めちゃった。

研究対象としては、面白かったが、それを研究する為に、コンピュータの計算処理のアイデアとか、色々、新しい知見を得ることが出来てとても良かった。

当時のマシンは、Windows95とかの時代で、VisualBasic4.0で、開発した。

研究していたのは、FreeBSD上だという、当時のWindows95っていうやつは、制約が多くて、話にならなかった。安定性も最悪だったし

FreeBSDで、Cでプログラムを書いて、確率の検証。その際に、当時のマシンは、計算スピードが遅いのと、計算量が多くて、全部計算し終えるのに、20日もかかるという、ナンバーズ4の次の結果が出る前に予想出来ないという、笑えないシステムだった。

そこで、まず、ほとんどの場合、来ないパターンの計算をパージしたり
基本的なパターンを組み込むことで、非力なパソコンでも動くように仕上げた。
予想は、適当に出していたのではなく、かなり計算した数字を出していた。

数本は、売れたけど、当然開発費も回収出来ず、技術的には、面白かったというだけだ。当時、考えた計算技術は、今でも通用する。

で、当分、ナンバーズ4から離れていたのだが
この最近の、ディープラーニングブームで、再帰型ニューラルネットワークRNNを使うと、どの位の精度で、ナンバーズ4を予想出来るのかという興味が沸いたのと
当時、考案した法則通り、今のナンバーズ4も、来ているというのを確認して

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/numbers/numbers4/index.html

これは、絶対、新しい技術を使って予想をして、その結果は、どうなのかっていうのに無茶苦茶興味があるので、挑戦しようと思います。

未来を予想するっていうことが、どの位の価値につながるかは、わかりませんが
未来、それが起こる確率を有効に活用できれば、もっと幸せになれると思うのです。

とりあえず、RNNのLSTM
LSTM(long_short_term_memory)
を使って、学習させてみようかと

人工知能をやってみて、どうみても実装の仕方がキモだと思う。
そういうノウハウがないと、ただボーッと誰でも書けるプログラムを書くと、ただ平凡で、使い物にならないシステムの出来上がりになってしまうのだ。

国家は破綻しないが、国民の生活が犠牲になる

ここ最近、都市部、田舎でも、物価が上昇していると普段あまり価格動向に無関心な人でさえ、そういっている。

日銀のインフレ誘導が成功、いや成功しすぎで、物価目標2%を超える上昇になっている。

ここで、最悪なことだが、給料、賃金は上昇せず、物価だけが上昇するということになっている。安倍政権になってから5年間、企業が支払った人経費は、ほとんど増えていません。財務省「法人企業統計」

https://www.mof.go.jp/pri/reference/ssc/index.htm

従って、物価が上昇しても、消費者の購買力が低下して、需要後退になって、消費が落ちるという悪循環になって、景気が良くなる。
つまり、お金の回転のスピードが上昇することにはつながってない。

戦後、日本でインフレが発生したのは、2回
敗戦後1946年と、オイルショック1974年で、前回の時は、31.4%のインフレになった。
そこから、不動産バブル 1991年まで、景気が持続する訳だ。

賃金が上昇して、お金の回転スピードがはやくなって景気が良くなったのだが。

市場の観測では、オリンピック以降に景気が減速することがはっきりしているので
それまでに国債や不動産の売りが加速し、2019年にも景気は失速すると言われているし、海外では、オリンピック直後の2020年秋から、遅くとも2022年頃には起こるのではないかと言われています。

消費税増税で、更に、物価は上昇、景気が悪化するのは、ほぼ確実っぽくて
役人の飯の種と引き換えに、国民の生活が犠牲になるのは、いつの時代も同じなんでしょう。
役人の給料だけは、国家が赤字になろうが、関係なしに上昇するということだ。

地銀の半分が赤字

1997年に世界の先頭を切って国債のゼロ金利政策を行ってきて
更にマイナス金利までやっちゃって、まさに異次元状態

地銀は、ゼロ金利国債の運用と、平均金利が0.76%の貸し出しが本業の利益で
104行のうち、2期連続で、本業が赤字になっているのが半分
68行が最終減益

https://toyokeizai.net/articles/-/252469

そんな訳で、生き残りをかけてというか、統廃合がすすむ結果となっている。

https://www.kinkiosakabank.co.jp/gappei/index.html

https://www.zenginkyo.or.jp/article/tag-h/7454/

金曜日に、お金を洗浄している知り合い
毎日、数十億円は、運んでいる謎の人物だ

と会食した時に、近いうちに、地銀の閉鎖された支店が、古い現金が運ばれてくるという話で、運ばれた現金が、そりゃ古いのなんの、聖徳太子の時代の1万円とか、腐った紙幣が、山盛りで、一体どうなっているのーっていう状態。

腐った紙幣は、洗うのって一応聞いてみたが、そういうのは、日本銀行送りで、洗浄は無理だそうだ。

で、地銀、銀行は、半分は赤字っていうやつで、なぜそうなっているのかというと
買ったときより値段が上がっている日本国債を売るっていう
子供でも出来る手法で、益出ししていた訳で。

マイナス金利、ゼロ金利で、10年以内の国債は、日本銀行が、じゃんじゃんお買い上げして、売りたくても、売る物がなくなっちゃった状態に陥ってしまっているということだ。

日銀の場合は、深刻で、満期まで保有していた場合、-12兆円近い損失になるほど国債を買いまくりで、早い話が、満期で、100円になるものを105円とか、普通にある。やばいことに証券会社は、そういう国債を客に勧めて、営業トークが、105円で買ったとしても110円になったら売れば良いという、まさにチキンレース状態。満期になったら、100円で償還されるんだけど。

普通に考えて、そういう値段で取引されている物に参加する人は、あまりいない。

国債を保有していて、金利が上昇すると、国債の価格が下がる訳で、売却損がでる。銀行は、円国債は満期まで保有する建前で、市場の時価での決算の計上を逃れていて、証券業協会のデータでの売買動向を見ると、民間金融機関からは年間130兆円の売りで、平均残存期間8年の国債を3年で売っています。

http://www.jsda.or.jp/shiryo/toukei/toushika/tkbk/index.html

決算書の偽装だが、国債を発行している財務省の金融庁が認めているやり方だ。
2016年8月にマイナス金利が導入されて、国債で損失がでているのは、地銀、メガバンク、保険会社で、それ以降国債を買うと、金利が上昇しても価格が下がって損になるという訳だ。

http://www.bb.jbts.co.jp/marketdata/marketdata01.html

前回載せた外資系の銀行は、日本国債は高すぎるバブルだと書いていたが
現在の8年債までのマイナス金利と10年債のゼロ金利は、バブルになっている。

厚労省の賃金統計偽装より、酷いのが、内閣府の基礎数値で
名目成長を2019年2.4%、20年2.9%、21年2.8%、22年3.0%、23年以降は3.4%としています。
これから先10年の長期金利で
2021年までは0.1%、22年0.4%、23年0.9%、24年1.4%、25年2.1%、26年2.6%、27年3.1%、28年3.4%としています。

https://www5.cao.go.jp/keizai3/econome/h31chuuchouki1.pdf

これから、国債価格は上昇することはなく、下がると政府が発表しているわけで、これをベースに計算すると2024年あたりから、政府発表の金利だと、財政破綻が起こるということになります。

 

人生100歳時代のリスク管理

最近、人生100歳まで生きる事やたら、言っているが

年金だけでは、生活できないから、貯蓄から、投資へとのスローガンで、リスク資産の運用を国家ぐるみで勧めている。

正直、間違っている。というか、ほとんどの人が、退職金を市場で、溶かす羽目になって、貧乏老人になってしまうのがおちだろう。

ここで、レバレッジがかかっていないリスク資産をどの程度、保有運用すべきか考えてみる。

日本の国の年金は、ここ最近は、攻めのリスク資産を大量に保有する自体になって正直やばいと思う。株式投資の比率が、外国株と、国内株で、半分近くも投資するなんて、確実性が求められる投資とは言い難い。

リスク取引しまくりの私でさえ、そこまでリスクはとってないから、びっくり仰天だ。

レバレッジのかかってない株式投資のリスクで、考えるならば
ライフステージで、歳とったら、リスクを取れない。なぜかというと、残り少ない人生を送るための資金を減らすことが出来ないということ。

若いときは、やり直しがきく、時間があるので、高いリスクを取れるということになる。

ということは、100 - 自分の今の年齢 = 株式投資のリスク %

が、適正ではないのかと思う。
例えば、20歳の場合だと、100-20=80 で
総資産の80%近くをリスク資産で、運用してみるのもありだろう。

30歳の場合は、100-30=70 で
70%になる。

40歳の場合は、100-40=60 で
60%というわけだ。

と書いている私は、この通りなのかというと
実際は、この計算より、リスクをとってない。

一応、1年間の所得は、普通貯金で、置いておくのがベストだと思う。
理由は、何かの事故が起こって、病気とかで、失業とかした場合でも、1年間の所得はプールしておくのが、心強い。いきなり、露頭に迷う心配がない。

リスクを取らずして、リターンがないのではと思われるが
資産が増えると、運用方法が変化して
少額では出来なかったリスクが少なくて安定した運用がある。

貝になるというか、石になる

アスペルガー症候群の人の話を聞いていて、凍り付く人が続出。

自分でも、やばいなって思うことで、アスペルガー症候群の人のお願い事を聞くと
かなり難易度が高くて、それって、無理、不可能に近いことを頼まれる。
いや、押しつけられて、答えようがないので、返事出来ない。
貝になる人が続出。そんでもって、石になってしまう場合が多い。

自分で、解決すれば良いことを、他人にさせる。アスペルガー症候群がいる。
これは、最悪のパターンだろう。かつての、Appleのスティーブジョブズがそうであったように

はっきりって、最悪だと思う。最悪なことは、自分がやれば良いことを、他人に押しつける悪い癖がある人だと。恨みを買うということに。

そんでもって、当の本人は、なぜ、そうなっているのかが理解出来なくって
わからないまま終わると言うこと。

そうやって、自閉症、いや、周りがついてこなくなる人が出来上がるというわけだ。