ベガショート リバースカレンダースプーレッドについて

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

IVが低下すると予想する場合は、ベガをショートするポジションを組む。
つまり、リバースカレンダースプーレッドっていうやつで
期近限月のオプションを買い、期先限月のオプションを売る。

デルタは期先の方が期近よりも大きい傾向があるので、デルタショートのポジションになります。

IVが下がる局面は、原資産が上昇する場合が多いです。

米国と日本のクレジットカード事情

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。
アスペルガー症候群ランキング

アメリカでは、ほとんどのクレジットカードの還元率は1%より高くて

Wells Fargo Cash Wise card
https://www.wellsfargo.com/credit-cards/visa-wise/

1.5%のキャッシュバックが、無制限

Capital One Savor card
https://www.capitalone.com/credit-cards/savor-dining-rewards/

外食は4%、食料品購入は2%、その他の購入は1%を還元

Citi Double Cash Card
https://www.citi.com/credit-cards/credit-card-details/citi.action?ID=citi-double-cash-credit-card

すべての購入に対して2%還元。まずスマホをスワイプすると1%、実際に支払いをすると1%還元されるというステップで合計2%還元。

という具合だ。

日本の場合だと、楽天カードが、還元率1% オリコカードが、1%、ヤフーカードも1%と還元率が、1%程度が多い。

中長期の日本株の動き

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

金曜は、一般検診に行って来たが
日本経済のバロメーターで、日経平均株価の動きがやはり注目される。
まず、日経平均と強力に正相関している銘柄は、証券セクターで
日経平均のETFを買うのだったら、証券会社の株式を買う方が、実は儲かる。
ただし、下がる時は、大きく損をする。価格変動が、増幅される。

色々な会社の大株主の構成を見ても証券会社が上位に出てくるからだ。
一番、株持ちの証券会社と言えば、8511日本証券金融で
制度信用取引で空売りの際、株式を貸してくれる証券会社だ。

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8511.T&ct=z&t=2y

大きなトレンドで、経済を見る場合に外すことが出来ないのは
日本銀行の価格だろう。日本そのものの健康状態、体力と言うわけだ。
日銀の値段、つまり信用力は、日本銀行券の信用力、そのもので
現在、5万円額面を、割り込んで、35000円になっている。

日本の国が破産しないのだったら、日本銀行券の発行元が、バーゲンセール状態になっている。

8301 日本銀行

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8301.T&ct=z&t=2y

8601 大和証券グループ本社

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8601.T&ct=z&t=3m

8604 野村ホールディングス

https://stocks.finance.yahoo.co.jp/stocks/chart/?code=8604.T&ct=z&t=3m

を見ても、とても買いで入れる相場環境ではないことは、明白だと思う。

座して死を待つよりは、出て活路を見出さん

座して死を待つよりは、出て活路を見出さん
諸葛亮 孔明

このまま何をしなければ死を待つのみだから、リスクは高くても自ら行動を起こすしかないという意味

魏は蜀の3倍もの国土を誇っていたので、このまま何をしなければ、その国力の差は広がるばかりでした。諸葛亮は無謀とも言える北伐を何度も起こす事にします。

折伏

折伏(しゃくぶく)とは、折破摧伏を略した仏教用語であり、悪人・悪法を打ち砕き、迷いを覚まさせること

人をいったん議論などによって破り、自己の誤りを悟らせること

これ、相場になったら、議論とか、まぁ、色々、考え、個人の思いが錯綜、そんでもって、欲が絡むから、大変なことになる。

基本的には、金融市場の場合は、最後にお金が増えていた方が正しくて、減った方は、間違っているということに落ち着くのだが。

市場での、やりとりだけではなく、時には、国家が介入して
大変なことになる。いわゆる徴税権というやつで

国境を越えてすると、時には、本当の戦争になったりする(米国の独立戦争とか)から、厄介なことだと思う。

金融は、宗教と、似ていると思うのだ。

動物園の臭いがする!!

ここ最近というか、やっぱ、HSP
Highly SensitivePerson 刺激に敏感だと

どうも、異性が、動物臭い。臭すぎて、やばい。
動物的な臭いがする。それが、ペットショップみたいな感じで
良くない臭いだ。正直、臭い。

ファブリーズを、職場で、散布するのが良いかもしれないが

こんな事、言っていたら、殺されるけど
ダメな物は、どうしても、ダメで
不快なのだ。

職場は、女性の数が多いのだが
あかんもんは、あかんだろだ。

医療は、85%が女性が従事している。

それが、かなり勘違いしている人がいたりして
私に、あーだこーだ、色々聞いてくるのだが
好きでも、嫌いでもなく、早い話が、よく分からない状態。

これは、急騰するのか、暴落するのか、良くわからないプットオプションに似ていて、大抵の場合は、無価値に向かって、価格が収束する。

「年金減る事実を」

金融庁が、年金制度が崩壊で維持できないと発表されたが

公務員の天下り問題が、以前から問題になっていたが
大阪では、公益財団に70歳を超えても、居座り続けて
昼間は、外、デパートに買い物に行ったり、ぶらぶらしていて、給料だけは貰っている天下りが大勢いる。

そんでもって、最悪なのは、73歳になってから、失業保険に加入して
辞めたときも、失業保険を貰うという、ちょっと理解しがたいような人もいる。
どこまでも、金を得ようとするのには、呆れる始末で
役人の天下り職員が、生活保護の需給みたいな感じで
制度の悪用?? いや、悪用ではないが、盲点をついて
社会的な倫理には反することを行うのが当たり前になってしまっている。
制度が破綻するのも、無理はないとある意味納得。

そういう役人の天下りが、この国を食い潰している訳で

そのつけを、国民に付け飛ばすということになっている。

国民には、自助を求めて
自分達は、生活保護の需給みたいな感じで、歳を取っても、しつこく年金以外の収入を得る。もちろん、これを知ったほとんどの人は、異常だというが

役人は、利権っていうやつで、当たり前になっている。
国民は、役人を監視しないから、好き放題っていう訳だ。

不正な事をやっても、ばれなかった良い。もしばれた時は、返金したら、おとがめなし、さらに、自分達の都合が良い解釈で、国民を支配する。

役人は、選ばれた民という感じで、どうも、選民思想みたいになっていて
上から目線、民間のサービス業だと、とても考えられないことだが
それが当たり前になっている。

そういうのを見ると、どうも、その役所の制度を根本から変えない限りは
負担だけは、国民につけ飛ばす、社会主義国となんら変わらないと思う。

勿謂言之不預

我曾经提醒过你,到时候出了问题出了事儿,可别说我没提醒警告过你

最近の中国が、米国に対しての発言。

I used to remind you before, but if some affairs come out, don’t blame me for not warning you with words.

前に言ったことがあるくせに、もしトラブル(言われた方の損失がある事件など)が起きたら、私のが言わなかったことなんて言わないでくれ。

中国が、この発言をするのは、宣戦布告、武力行使の場合が多い。
中国は、アメリカにかなり追い詰められていて、武力行使も辞さないという感じになっている。

1962年 中印国境紛争
1969年 中露国境紛争
1978年 中越戦争

経済は、負債Debitで、回っている

https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/you_know/q1.php

このデータが正しいとは、とても思えない気がするのだが
10人に1人が貸金業者のサービスを利用して

1人あたりの平均が1.5件、平均利用金額が48.3万円

サラリーマンの場合は、毎月入ってくるお金が、固定化していて
ボーナス返済をあてにしていて借金した場合、ボーナスが減額されたりすると
返済のあてが外れたりする。

そのおかげで、知り合いは、住宅を手放したいと言っていた。
サラリーマンだが、借りる時に、限界まで借りちゃったパターンだ。

金融機関は、所詮、他人事だから、限界まで貸す。理由は、簡単、手数料が、その方が大きいから。

それと、意外に、経済が二極化していて
お金がある人は、ありまくって
無い人は、とことんない。

どうも、考え方に問題があって、貧乏な人は、永久に抜け出すことができないと思う。間違っていて、その間違いを直さない、それと理論的に破綻しているが、本人は、気づかない、いや間違いを認めないからだろう。