CRB指数

ここ最近、注目しているのが、CRB指数ニューヨーク先物取引所の国際商品先物指数が、ダウントレンド入りしちゃったこと。

どういうことかというと、景気後退が世界的に起こって、需給バランスに変化が起こっているということだろう。ここ最近、商品の価格と、株価がかなり正相関している。
先日、帰郷した時に、ベトナムで工場を運営している人と話しをした時に、中国の工業製品の在庫が積み上がっていて、物が売れなくって、困っていると言っていたので、どうも景気後退が、世界的に、やはり起こっていると思われる。

白い巨塔

白い巨塔のモデルになった病院は、実は、職場なんだが

https://goo.gl/maps/ftT9Cm31r9LPbmvC7

https://gyao.yahoo.co.jp/special/shiroikyotou/

原作者の 山崎豊子は、大阪成人病センターに入院していて
成人病センターは、阪大の第二外科の出張所と言われていて
古い先輩方の話では、取材で家に来た事もあるねーっていってました。

阪大の病院がモデルって思っている人が多くって
実の所は、「大阪成人病センター」が正しい。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E5%89%8D%E4%BA%94%E9%83%8E

Wiki の 神前五郎先生から名前を借りたというのは、正しい。

ドラマは、やより、そんなこともあるが、実際の所は、もっともっとエグいと思う。それは、府立病院だからもあって、役人がらみ、政治がらみもあるから

その内に、今の仕事から足洗ったら
新・白い巨塔 パート2あたりを執筆するのもありかも。

ブルーブラック、古典的なやつ

職場が、古い建物から、新しい建物に移動した時に、倉庫に眠っていた
昭和40年代のプラチナ万年筆のカートリッジ

思いっきり、ビンテージだが
実際、使えるか試してみたら、使えませんでした。
変質、変色、固まっていて、話になりませんでした。残念。
さすがに、40年以上たっているインクは、腐ってました。

最近、こっているが、万年筆のブルーブラックっていうやつで
結局の所、ここに落ち着くのかだ。万年筆の王道っていうやつ。

ブルーブラックは、普通のブラックより
何がどう凄いのかというと

乾燥した時の耐水性と、長期保存が可能。
ドイツなど欧州の国では重要な公文書はブルーブラックインクを使用することと法令で定められている。

モンブランのブルーブラックは、ブルーだけど、黒に近くって
名前とパッケージが変更になって、ミッドナイトブルーになった。
赤色っぽくて、濃いブルーブラックだ。

ペリカンは以前使っていて、講談社の元編集長に
私が、書いた文字の万年筆の種類と、インクをズバリあてられてしまって
編集長、長年やっていたら、色々な作家の原稿を見ているから
総ての種類、わかると言われてしまったことがある。
ペリカンのブルーブラックは、かなり青紫ぽくって確かに特徴がある。
書いている内に、色が、変色していって、最後は、深く高貴な印象の濃紺に落ち着く。

パイロットのブルーブラックは、耐水性が高い。でも、裏抜けする。
色は、薄い。

日本のメーカーで、古典的なブルーブラックというと
プラチナ万年筆INK-1200#3

https://amzn.to/2HJbBiQ

水性染料で、昔ながらの製造方法、今は、顔料インクが増えてきたが
時代かなーって思う。

というか、万年筆を使いまくっている人って、絶滅危惧種っぽい気がする。

Everyday Global Debit Card

香港上海銀行HSBCのシンガポールが、最近、デビットカードの切り換えで
Global Debit Cardっていうのをやっている。

VISAのPlatiumカードだが

今までのカードと何がどう違うのかというと
HSBCは、色々な国の通貨を預金出来るのだが

USドル、ユーロ、オーストラリアドル、日本円、香港ドル、カナダドル、スイスフラン、シンガポールドルという具合に、色々ある。

で、日本国内で、日本で使った場合、円を預金していた場合、その口座から引き落とすことが出来る。つまり海外旅行で、現地通貨で決済が可能という訳で

レートのよい時に、FXでトレードしたお金を置いておく事が出来、決済にも使えると言うことだ。NO FX feeという訳だ。
もともと、Premierだと、FXの手数料はかからないのだが
カード決済の場合は、FXのコンバージョンが起こって、今一使い勝手が悪かったのだが、これで、最強かもしれない。

最近では、HSBC以外に、シティバンクも、カードに力を入れていて、勧誘が凄い。
それからいうと、日本のカード会社って、ショボイと思う。

このカードでは取引する事が出来ません。(1SAI6T9)

d払いで、このエラーが出てはまる状態に

NTTドコモに電話かけて聞くとカード会社側の問題のエラーですねって言われたので、今度はカード会社に電話かけて聞くことに
限度額とか、問題なしだが、不正に使用されるのを防止するセキュリティでロックされている可能性があると言われて調査中。

何を買おうとしたのかというと、40万円以上するL3スイッチ

購買パターンを、カード会社に学習させると大丈夫なんだが
高額決済20万円以上だと、最初の3回近くは、電話でオペレーターに解除して貰うとかして、いわゆる常連で、高額決済を普通に行っている人だという購入履歴の登録が進むと、こういう状態に陥ることはない。

大敗を喫した直後は

相場は、銭の取り合いの経済戦争だが

兵法では、大敗を喫した直後は、本来なら戦を避けるべきが鉄則

にも関わらず、借り入れ、つまり借金をしてでも、相場をする人がいる。
いや、パチンコやっている人も、同じような人がいて
借金だけが増える。

相場は、タイミングが重要。従って、タイミングが合わないのに、戦争をし続けても、傷が広がるだけということだろう。

不実な会社が作るシステムエラー 予期せぬエラーが発生しました

予期せぬエラーが発生しました

http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=4011-2165&rid=282

ここの会社が開発したシステムのエラーメッセージは、これが出る。
正直、エラー、間違いは、普通は、予期しない。
だから、予期せぬっていうのは、ある意味正しいかもしれないが
開発する際、エラー実装の手抜きなのか
ハッカーに情報を与えない為、なんでもかんでも、「予期せぬエラーが発生しました」に統一しているのか、わからないが、とにかくこのエラーが出ると、どうしようもない状態になっている。というか、対処法が正直ない。再起動して、同じ手順を踏む。あとは、祈る位しか方法はない。

ウォンの通貨攻撃

ここ最近の為替相場で話題なのが、ウォン安。
ヘッジファンドの通貨攻撃のターゲットになっているようだ。

チャートは、円ウォンだが、ドルベースで、1ドル1200ウォンの攻防になっていて
ウォンが攻撃対象になっている。恐らく、1200ウォンの買い支えの壁が崩壊するのも時間の問題になっていると思われる。

地域、田舎の問題点

恐らく、日本全国、地方だけではなく、都会もそうなりつつある。
日本経済が悪くなる悪循環の原因は、ズバリ高コスト。
何が高コストかというと、不動産に関する経費が高い。
まず、固定資産税、田舎の場合、信じられないぐらい高い。

なぜ高いかというと、キャッシュを生み出す能力が無い物に対して
かかるコストが高い。

これが、問題を複雑に難しくしていて
商品、サービスにかかるコストに転換されるのだが
デフレ、インターネットで国境の壁が低くなった
などから、コスト競争が、海外との競争になって、ただでさえ、物にかかる値段が押し下げらるのだが、土地の価値が実勢から、かなり乖離している。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000448731.pdf

売りたい人は、高い値段で手放したいが、買いたい人はいない。
売りたい人は大勢いるから、買い手はいない。
田舎の状態がこんな感じ。

そういう土地で、何か商売でも出来るのかというと、それもない。
いわゆる価値を生み出すことも出来ない状態で

固定資産税だけが高い。固定資産税は、地方に行くほど市町村税全体に占める固定資産税の割合が高くなっていて、本質的に価値がないにも関わらず、価値があると称して課税していると思われるからだ。

固定資産税を見ても、不動産バブルの時、平成元年5.6兆円より高い
平成26年で8.7兆円で、土地自体の値段がバブルの時より下がっているにも関わらず税金だけは、高くなっている。

不動産の評価方法が、売買実例価格を基礎として評価額を算定するやり方が、行政にとって都合の良いシステムになっている。

つまり、たまに出現する高く買う買い手によって
全体の評価額がかさ上げされてしまっているということだ。

実際の価値に基づいていない。つまりその物が、生み出す価値と将来の価値に基づいて価格形成が起こらわれていないにつきる。

そういう所が、地方の経済をドンドン悪くしている。
地方行政、いや地方の公務員の飯の種になっていて
何も価値を生み出さない物から費用を徴収することを繰り返し
悪循環に陥っているのが現状だと思われる。

FXの無料自動売買

FXの無料自動売買ソフトを使いませんかっていうメッセージが、Instagram、LINEで、立て続けにやって来て、はっきり言ってうざい。

そもそも、その実績というのが、多分、本人は魅力的だと思っているんだろうけど
日経オプションの一日で、10倍を見ている私にとっては、正直、ショボイショボ過ぎる。そんでもって、一日100万円以上、とったりとられたりしていると
金額もショぼすぎて、メッセージ送る相手を、間違えている。
いや、無差別に送りつけているんだろうけど

そんなわけで、相手をしてみて、どういう情報商材なのか、調査し、ブロックしました。

まず、自称ファイナンシャルプランナーだと言っている人は
ロジックを公開なしで、よくよく聞くと、逆張りのナンピンを駆使するシステムで
凪相場だと、儲かるか、いざトレンドがついて、大きく一方方向に価格が変動すると、破綻する。ほとんどの初心者が、飛ぶパターンと似ている。

次は、OL辞めました人は、仮想通貨と、上場通貨、うーん、これも、全く魅力が無くって、はっきり言って、ウザいので、ブロックしました。