人生100歳時代のリスク管理

最近、人生100歳まで生きる事やたら、言っているが

年金だけでは、生活できないから、貯蓄から、投資へとのスローガンで、リスク資産の運用を国家ぐるみで勧めている。

正直、間違っている。というか、ほとんどの人が、退職金を市場で、溶かす羽目になって、貧乏老人になってしまうのがおちだろう。

ここで、レバレッジがかかっていないリスク資産をどの程度、保有運用すべきか考えてみる。

日本の国の年金は、ここ最近は、攻めのリスク資産を大量に保有する自体になって正直やばいと思う。株式投資の比率が、外国株と、国内株で、半分近くも投資するなんて、確実性が求められる投資とは言い難い。

リスク取引しまくりの私でさえ、そこまでリスクはとってないから、びっくり仰天だ。

レバレッジのかかってない株式投資のリスクで、考えるならば
ライフステージで、歳とったら、リスクを取れない。なぜかというと、残り少ない人生を送るための資金を減らすことが出来ないということ。

若いときは、やり直しがきく、時間があるので、高いリスクを取れるということになる。

ということは、100 - 自分の今の年齢 = 株式投資のリスク %

が、適正ではないのかと思う。
例えば、20歳の場合だと、100-20=80 で
総資産の80%近くをリスク資産で、運用してみるのもありだろう。

30歳の場合は、100-30=70 で
70%になる。

40歳の場合は、100-40=60 で
60%というわけだ。

と書いている私は、この通りなのかというと
実際は、この計算より、リスクをとってない。

一応、1年間の所得は、普通貯金で、置いておくのがベストだと思う。
理由は、何かの事故が起こって、病気とかで、失業とかした場合でも、1年間の所得はプールしておくのが、心強い。いきなり、露頭に迷う心配がない。

リスクを取らずして、リターンがないのではと思われるが
資産が増えると、運用方法が変化して
少額では出来なかったリスクが少なくて安定した運用がある。

資本主義の金貸しのルール

資本主義は、金がある人には、安心して、銀行はお金を供給するが
金がない人には、金を貸さない。

金が無くって、生きずまっている人には、金を貸さないルールなのだ。

個人的に、お金を貸してほしいと申し込んでくる人の特徴で
既に、金融機関では、借入が困難で、早い話が、金融事故がすでに起こったりして
貸してくれなくなったりした場合

最悪な事なんだけど、本人は、信用力があると、勘違いしていて
複数の消費者金融から、借入していて、どうみても、多重債務になっているけど
銀行がお金を貸してくれないのは、おかしいと思っている。

私が、銀行だとしても、貸さないだろう。
で、プライドだけが高くて、お金を借りることが出来ないのは、間違っていると思っている。

個人にお金を貸してはいけない。
理由は、簡単だ、プロさえ貸さないほどのリスクの高い者に手を出してはいけないということだ。

外資系の銀行は、わかりやすくて、お金がないと、門前払いされる。
そんでもってクレジットヒストリーが信用になっている。

ちなみに、私の場合は、普段の恰好が、どうみてもお金持ってなさそうなかんじなので、某外資系2行で、本当にお金あるんでしょうねーって、3回近く確認されたことがある。最初に、こっちも、本当に心配だから、1円だけ送金してみて、着金を確認してから、最低金額の2倍近く送金すると、今度は、上得意に急変。まっ金融ってそんなもんなんでしょう。

国債整理基金特別会計と粉飾構造

https://www.mof.go.jp/jgbs/individual/how_to/index.htm

国債の種類

固定利付債には、満期が2年・5年・10年・20年・30年・40年の固定利付国債及び3年・5年固定型個人向け国債があり、変動利付債には、満期が15年の変動利付国債及び10年変動型個人向け国債、そのほか元本が変動する満期が10年の物価連動国債があります。

https://www.mof.go.jp/budget/topics/special_account/fy2018/3.kokusaiseirikikinntokkai.pdf

60年償還ルール

国債の償還を行うに当たって、その償還金には国債整理基金から支払う現金と借換債の発行による収入を充てますが、その割合をどの程度にするかについては、わが国では60年で現金償還を終えるという「60年償還ルール」の考え方に基いています。これは、戦後の国債発行に際して、建設国債の見合資産(つまり政府が公共事業などを通じて建設した建築物など)の平均的な効用発揮期間が概ね60年であることから、この期間内に現金償還を終了するという考え方で採用したものです。また、この考え方から、毎年度の定率繰り入れ率は、ほぼ60分の1に相当する100分の1.6とされています。

国債を発行するのは、一般会計と特別会計で、発行された国債は、その会計年度に整理基金特別会計に移し替えられる。特別会計の借入金も「国債整理基金特別会計」に移し替えられる。この60年償還ルールだと、2年物の短期国債でも償還財源の積み立ては、60分の1で行うことで、借金を60年で返済する。
国債整理基金に移された段階で、各年の歳入欠損を解消する「特例国債」(短期政策の為の国債)という、特殊条件が消え、60年の超長期に切り替わる負債の飛ばし行為を堂々と行うことが出来る。
この制度は、昭和60年の特例国債の借換債の発行解禁時に導入されている。

昭和50年に発行開始した特別国債の本格的な償還が始まる昭和60年に、借金の超長期飛ばしの会計原理とその資金繰り実施の借換債の発行というインチキルールを作ったわけだ。

役所のいけてないところは、自分達、役人が都合の良いルールを作る。最悪なことに、それは、国民に取って都合が良いのではなく、役人が自分の任期中さえ持てば良いという極めて短期的な飛ばしルールを勝手にじゃんじゃん作っていくということにつきる。

借金の付け飛ばしは、早い話が、自転車操業になって、短期国債の発行で、金利負担が低減されるという勘違いもあって、借換債の発行額が加速化されたのが
平成13年度から、凄いスピードで急増

平成13年度:59.3兆円<国債総発行額は133兆円>
平成14年度:69.6兆円<同136兆円>
平成15年度:74.9兆円<同139兆円>
平成16年度:84.5兆円<同162兆円>
平成17年度:103.8兆円<同170兆円> (当初予算)

https://www.mof.go.jp/jgbs/reference/appendix/hakkou03.pdf

平成26年がピークというわけだ。
国債の引き受けが、低金利、短期国債で順調に回っているのは、日本銀行が行ってる「量的緩和策」(国債等を担保とした民間銀行への多大な資金供給策)の結果で
日銀の量的緩和策の転換に対して、政府が激しく反応するのは、このことからだ。

役人のいけてないところは、後から、最初のルールを変更するような事を平気でする。当然、外資系の格付け会社から、国債の格付けが下げられる。
やばいことに、毎度格下げが続いたら、今度は、開き直りというか
自分達の勝手ルールが、世界では正しいと、世間のルールを無視するというわけだ。これは、どうも、どこの国も似たり寄ったりしている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-09-04/PEIR9N6S972J01

https://news.yahoo.co.jp/byline/kubotahiroyuki/20180810-00092650/

2018年7月30日には、1.6兆円の応札、ショートカバー買い戻しが入ったと観測され
海外勢の売り越しが2年強で最大、そんでもって1兆円を超える大規模な空売りを仕掛けられる時代になったということだ。

http://mail.hsbc.com.hk/sg/ASP_Investment_Monthly_20190208/pdf/Investment_Monthly.pdf

外資系の銀行は
Japanese government bonds (JGBs) are overvalued, in our view. The
BoJ has reduced the amount of its JGB purchases and has started to
modify its yield targeting framework.
The “Yield Curve Control” framework should limit volatility and reduce
the risk of significantly higher yields in the near term.

日本国債は、過大評価されている。日本国債売りの判断で、外国人が日本国債の市場に戻ってくるのかというと、無理っぽい気がします。

日本国債暴落説

2015年に、国債暴落のタイミングが2019年だと、話題になったことがある。
理由は、民間銀行が保有している日本国債が、底をつくからだ。

日銀は、じゃんじゃん、国債を買い進んで、45%近く買っちゃった状態で、売り物がほとんどない、流動性に難ありっていう所までいっちゃっている。

過去、日本国債が暴落したことはあるのかというとある。
1980年に、額面100円が、70円台まで下がった。1978年に発行された表面利回り6.1%の10年物国債。ロクイチ国債っていう、国債暴落だ。

原因は、国債の流動化が進んでいない所に、日本銀行の利上げが引き上げになった。
当時は、6%でも超低金利で、当時の国債は、10年物が主体で、20年物の発行は、1986年10月からだ。

1979年4月から金利上昇になって、国債の価格は大きく落下。利回りは9%を超えて、国債の買い支えで、国債整理基金による国債の市中買い入れ実施された。
1980年2月3月と、公定歩合を引き上げて、長期金利が大きく上昇。ロクイチ国債の利回りが12%台まで上昇し、金融機関が、想定外でパニック状態に陥ってしまった。早い話が、国債の価格が、そこまで下がると計算してなかったということだ。

その後、神風的に、米国金利の急激な低下が起こり債券市場は急回復したわけだ。

債券市場の流動性が確保されるようになったのは、1985年のフルディーリング開始で債券先物の上場がきっかけとなった。

https://www.news-postseven.com/archives/20150402_313056.html

2015年2月12日の経済財政諮問会議で、日銀の黒田総裁が
米国格付け機関ムーディーズが昨年12月に日本国債の格付けを引き下げたことに懸念を示し、スイスに本部を置くバーゼル銀行監督委員会で銀行資産の審査基準の変更が議論されていることを説明したうえで、“基準が見直されれば大量の国債を保有する日本の金融機関の経営が悪化し、国債が売れなくなって金利急騰につながりかねない”という趣旨の発言を行なったことが、自民党政調幹部に伝えられた。財務省幹部がいう。

「黒田総裁は昨年12月に日本国債の格付けが引き下げられた影響を非常に心配していたようだ。これまで銀行が保有する国債はリスクゼロ資産とされていた。

しかし、スイスに本部を置くバーゼル銀行監督委員会では、国債をリスク資産と見なし、格付けに応じて査定するように銀行の審査基準を変更する議論が始まったという。黒田さんはそのことを詳細に説明したうえで、“基準が見直されれば大量の国債を保有する日本の金融機関の経営が悪化し、国債が売れなくなって金利急騰につながりかねない”と指摘した」

となっているが、今のところは、売れなかったら、日銀自身が買うまで戦略で
じゃんじゃん買いまくり続けるだろう。

私は、国債は、暴落はしないと思う。なぜかというと、じゃんじゃん下では、日銀が、力の限り買い続けるから。ただし、実質的な円の価値自体は、暴落して、ハイパーインフレになるのは間違いない。

つまり、金、GOLDの価格が上昇して、円の価値が低下するということだろう。
海外からの輸入品の価格も相対的に上昇して、インフレ成功になるはずだ。
ここで、最悪な事だが、インフレが成功したら、景気が良くなるのではない。
給料は、そのまんまで、物の値段が上昇する。
可処分所得が減少する訳で、国民は生活が苦しくなる。

国民が生活が苦しくなるのを、役人は狙っているということだろう。
役人は、自分達の給料は、日本の国の赤字が増えようが、上昇させ続けてくるに違いない。つまり、国民が貧困になればなるほど、自分達のいうことを聞かせやすくなるというわけだ。

通貨の価値

ついに、福沢諭吉大学の先生まで、諭吉先生のお札が紙切れになる可能性があると

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-17/PMYLA26TTDS201

と言い出す始末だが、金利の急騰は、私は、起こりにくいと思う。
理由は、金利が高騰する、つまり日本国債の価値が下がる。このパターンは、円ベースだと、考えにくい。どうしてかというと、日銀の価格統制されていて、下がると、買い続ける事で、国債の円価格を維持。円自体は、無制限に印刷が可能だから、円で借金している日本国債は、価格統制が可能というわけだ。

実際の所、日本国債を日銀が、半分近くまで買い進んでしまって、わかりやすく言うと、価値がないにも関わらず、高値を維持させているということになる。

海外の銀行などは、投資は、アンダーパフォーム、高すぎると評価しているが、これは、正しいと思う。

日銀の国債保有比率は、高まって、買い入れ余地がなくなって、そのまんま維持できる政策でないことに皆が気づいた時に、金利抑制が出来なくなるかというと、そうではないと思う。また、国債を潤沢に供給が可能だし、現状でも、借金をじゃんじゃん作る事は、簡単にできる。

使い道の予算を配分すると、その予算を全部使い切ろうとするのは、役人は教えなくても確実に無駄遣いをやるだろう。

国債の金利が上昇するより、現実的に起こるのが、日本円自体の価値の基準が変ること。つまり、今後、円を世界的に信用されなくなって、誰も円を使いたい。持ちたくないと考える人が増えてきた場合、円自体の価値が希薄化される。

もし、円安が起こったときに、円を買い支える。問題は、何を使って買い支えるのか、ドルを使って買い支える。ドルと円の決済する際の国際的な利用量を比較する場合、最初から話にならないぐらいドルの利用量が巨額すぎる。一方方向に相場が走った時、市場参加者のほとんどが、円に対して、信頼が揺らぎ、懐疑的になってしまった場合。超円安に陥ってしまう事が考えられる。

通貨供給量を見ると、不思議なことが見えてくる。

日銀
https://www.boj.or.jp/statistics/money/ms/index.htm/

FRB
https://www.federalreserve.gov/releases/h6/current/default.htm

ECB
https://www.ecb.europa.eu/stats/money_credit_banking/monetary_aggregates/html/index.en.html

2017年12月時点のレートドル113円ユーロ132円で、日本円1320兆円、ドル1563兆円ユーロ1566兆円で、意外に、ドルって発行量が少ない、いや、日銀のマネータリーベース、貨幣供給量が凄すぎるということかもしれない。
それでも、借金は減らないということには変らないが

今まで、円高阻止で、ドルを買うということを繰り返し、くみ上げてきたドルもあっという間に底をついてしまうということになるのではないかと思われる。
そうなると、対ドル、対ユーロなどの円の価値が低下し、輸入品の価格上昇が確実に起こり、運転資金に困っている企業、個人は生き残れない可能性が高くなる。

対外純資産が、レパトリ、自国内への資金環流が起こるのかというと、ノーだと思う。企業は、そこまでして、国内を維持しなければいけない理由はない。

対外純資産に関心があるのは、むしろ公務員っていう感じで、自分達の飯の種の為っていうだけだ。自分達の給料、利権の為、国民から税金をいかに吸い上げるかに関心があるということになる。

某国にキャピタルフライトしてから

円資産から、完全に分離している資産の増加

アスペ的にいうと、年金は、信用できない。
そもそも私が加入した時は55歳で貰えるのが前提条件だったが、それも、いとも簡単に崩れる始末になると、今度は、約束が守れない前提での思考になってしまう。
ゴールポストが、移動しまくる某国と同じで、どこの国の政府も、そんな感じ
そもそも、借金漬けで、返済に200年以上もかかる国が発行している通貨自体に、価値があるということ自体が、異常事態だと思うし

もっとも借金があっても大丈夫っていうのは、原発推進派の主張に似ていて
原発は、絶対に安全だから、大丈夫と同じで
5重の壁に守られているからっていうの、どこの電力会社のホームページもそういう記述が、事故があってから、削除。検索だけは引っかかるけど

http://www.fepc.or.jp/nuclear/safety/shikumi/jikoseigyosei/

というのと、似たような感じになっている。

第三者から見ると、そういう借金があるリスクが大きい先に、投資することはないだろう。株式投資でいうならば、借金が大きいボロ株に、お金を突っ込むような感じになっているからだ。
従って、円を離れて、収益の源泉を、日本以外から得られるようなポートフォリォを構築というわけだ。

普通の日本人だと、頭おかしいんじゃないのーって言われるかもしれないが
これが、アスペルガー症候群だと、真面目で、真剣な悩みなのだ。

このポートフォリォが、順調に育ってきて、ようやく、日本がこけても大丈夫な位に成長してきた。

日足で見ると、手出し無用

日経平均は、75日移動平均線
21140円あたりで、上値を押さえ込まれる展開
 
超短期では、5日平均移動線20670円のサポートを、死守できるのかって所
買い方も売り方も、必死になってきた感じ
 
テクニカル的には、ダイヤモンドフォーメーションになっている。

貪欲は善

金融市場では、貪欲は、善で
貪欲にならないと、カモられるっていうこと。

手数料などにルーズな人は、金融では、信用がないということだ。

https://promo.origami.com/kfc/201902/announcement/

今日から、origamiで半額です。裏技があって、ケンタッキーのアプリのクーポンを使うと 2520円が2000円になり
更に、origamiで、1000円になります。
更に決済を、kyashに登録させたクレカで2%引きで、クレジットカードのポイントバックで1%と
1000円以下で、買えます。

接収に意欲-「神がご了承」

お金持ちは、いつも狙われるが、誰に狙われるのかというと
やはり国家っていうこと。

国が破綻しそうになると、特に、国民の財布を取り上げようと、必死になる。
トルコでは、エルドアン大統領が、神がご了承と、ほとんど意味不明の発言で
接収は、自分の責任ではなく、神の意志だと、責任回避的な発言。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-05/PMGI3M6S972V01

大抵、国家が崩壊するのは、テロリストではなく。
支配層、公務員の無駄遣いによって、借金漬けになって破綻するパターンが、過去の歴史になっている。

資金が、キャピタルフライトして、通貨の信用崩壊、経済が崩壊すると言う訳だ。

その場合、破綻した時に、前政権の支配層が責任を取らされる場合もある。
怒り狂った国民によって、早い話が粛清という訳だ。

どこの国もそうだが、国民の財布の中は、とてもとても気になる。
プライバシーもはっきり言ってない。
そんでもって、国民の財産は、国家の物だと、思っている。
ほとんどの国の人民は、国家の奴隷になっているのが実情だと思う。

金融の恐ろしい側面

金融の恐ろしい側面

金融の知識が無い人
お金が無い人に借金をさせて
搾取するのが基本で

弱い者から、吸い上げるっていうのが
金融システムだと思います。

最悪な事に、その資本主義というマネーの価値を信じる
国家ぐるみの宗教的システムのおかげで

激しいマネーの獲得競争が生まれ
獲得するためには手段を選ばない社会になります。
嘘、倫理的、道徳的に問題がある行為でさえも、儲かるためだったらアリとなるわけです。

資本主義は、労働者と、搾取する資本家及び国家の支配層の二つに分かれており

稼ぐ人 労働者
使う人 公務員、政治家、支配層

の二つに分かれているため、使う方は、予算限界まで使い切ります。
しかも無くなったら、国債などの借金をしてまでも浪費して
税として、稼ぐ人に負担をさせるというわけです。

更に複雑になるのが
資本家とされる。労働者を支配される階層が更に物事を複雑化させています。
資本、株式、債券を通じて、金融を供給するのですが
求めるのは利潤、利益です。

東西冷戦が終結して、インターネット時代で、国境のボーダーラインが下がり
比較的自由に、物と人が、国境を行き来する時代になって

使う人 支配層が、自分たちが支配している土地から、外に、巨額な資金が移動してしまう事に
警戒しています。

この資本家が、力を持ってきており、資本家になりたがる労働者が増加するということ。

最悪な事に、金融商品の仕組みを中途半端に理解した人が
借金をしてまで、資本家になろうとする事案が増え
それをカモル業者、不動産投資が流行ってきています。

後、FXで借金するというのは、ちょっと違っていて

借金したお金、フリーローン、消費者金融などの借り入れ
その資金で、FXをやった結果、損をしたという事。

FXをやったから、借金になった人ではなく
最初に借金をしたお金で、FXをするというパターンになっています。

更に、そういう人は、思考が、FXは、絶対に儲かるという、洗脳になっていて
複数の会社から借り入れして多重債務に陥っているにもかかわらず
更にFXで借金返済をもくろむことになって、行きつくところまで行くのが
おきまりのパターンのようです。

普通に考えたらわかることなのですが
FXで儲かるのだったら、借金してまでやるのは、おかしいことなのですが。

http://fanblogs.jp/sengyoufx/

http://amenotiyukidaruma.blog.jp/