投資におけるポートフォリォ論リスクとリターン編

「ポートフォリォ理論」は1952年マーコヴィッツ氏が提唱した理論で、証券投資の代表的な投資手法となっている。
分散投資を行うことで、投資家が抱えるリスクを少なく出来るという

ただ、このやり方で、株式投資をやってみたら分かることだが
今の市場は、平均株価が下がると、市場全体が下がるという、ほぼ9割近い銘柄の相関係数が高くなっている。
特に、暴落が起こった時は、それが顕著に起こる。

さらに、米国市場と相関しているのかというと、ここ最近1年間の相関係数は0.85、3年では、0.65で
相関係数が高まっている。

株式だけを見ると、そういう傾向が高くて、銘柄分散する事でリスクを低減出来ていない。
理由は、全部の銘柄が下がるので、買いだけの場合だと、リスクヘッジにならないのだ。

株式の価格の変動は、あがったり、さがったり、よく分からない動き方をする。
その理由を、ずっと考えていて、なぜそういう動き方をするのか、最近、分かったことだが
未来の価値は、分からないから、様々な要因によって、価格変動が起こるということ。

一方方向に価格が変動するパターンだと

TOBで買い付け価格が決まっている場合は、その価格に取引価格が収束します。
また上場廃止のパターンの場合だと、1円もしくは、合理的な水準に近いぐらい一気に価格収束が行われ

市場参加の全員が、その将来価格を知ってしまった状態になるからだ。

そこで、その他の金融商品を組み合わせるという方法でリスクを分散する事を考えて見る。

最近の私の投資手法だが、リスクの分け方

無リスク資産、一般的には、短期国債の利回りが無リスク資産、国債に準ずる物
価格変動資産 商品、株式などでトレンドを形成する物
減摩資産 時間が経過すると価値が失われる物 保険、日経225オプションなど

ジェームス・トービンが提唱した資産運用理論の中の「分離定理」で安全資産の保有比率で調整するのを組み合わせたやり方をしている。

どういうことかというと、無リスク資産で、安定的な利回りを確保
具体的にいうと、米国債ストリップス債2.8%とか、国内だと、信用金庫、信用組合の出資金投資4%で
ほぼ安定的な利回りを達成。

価格変動商品に関しては、トレンドを判断しての投資。

減摩資産、日経225オプションなどを活用して、少ない資金で大きい利回りを確保し、儲かった資金を無リスク資産に積み上げるというやり方をしている。

無リスク資産は、大きく儲かる事はない、代わりに大損することもない。
価格変動資産は、レバレッジをかけると、投下資金以上の損失が発生する可能性がある。
減摩資産は、買いの場合だと、ゼロになってしまう事もあるが、大きく儲かる事もある。

その勝率、確率を理解して、各セクターの資金配分を決定している。

資産運用の極意は、やはりリスクを取らないことにつきるような気がするのだ。

借金王

小渕恵三前首相は1999年11月12日、松山市で開かれたシンポジウムで
「世界一の”借金王”にとうとうなってしまいました。600兆円も借金を持っているのは、日本の総理大臣しかいないんですよ」と発言した。
愛媛県は、今まで、総理大臣が出たことがない県民で、のどかな県民性もあるので
本当の事を言っても、笑って許して貰えるのかも。

冷静に見ても、借金しまくった原因は、役人に問題あり、そんでもって、借金を将来に付け飛ばす。
政治家は、人気商売なので、国民に痛みを求めると、選挙で当選出来ない。

役人が、どう問題なのかというと
サハラ砂漠の砂を役人に管理させると
あっという間に砂が無くなるだろうと言った経済学者もいる位

予算を限界まで、使い切って、赤字にするのは、どの時代、どの国も似たような感じになっている。

まだまともなのは、香港、シンガポールなどの旧イギリス圏ぐらいかも。
イギリス本国は、社会保障が破綻しているから、そういう悪いところは、よく学んでいると思う。

従って、裏では、おかしいと分かっていても、国民に取って、選挙の時だけ都合の良い事を言い続けて
問題は、可能な限り、限界になるまで、先送り作戦するしかないのだ。

本当のことをいうと、選挙にならないから、当然だろう。

このあたりは、イスラム教も似ている。
偶像崇拝の禁止を言いながら、イスラム信者が95%もいるエジプトは
スフィンクスとかあるし。

先送り作戦も、限界っていうのが、当然あって、いずれ破綻する訳だ。
その破綻する時に、何が起こるのかというと

力づくで、国民の財産を奪い取る、もしくは、海外の資源を武力で獲得するということが行われる。

借金によって、太平洋戦争が起こり、日露戦争のポンド建ての日本国債は、1986年にようやく完済した。
関税収入を担保として借り入れを行いました。支払いが滞れば関税を差し押さえられるという条件だったのです。
当時の楽観的な「見積もり」でさえ、返済には60年の歳月を必要としていました。
そして、太平洋戦争という膨大な犠牲を生み出し、実に返済には82年の歳月を必要としたのです。

終戦後、米国は同盟国に戦争賠償金を課さないことを呼びかける一方で、結局、しっかり昭和の終わりまでかけて金利を加えて日本から借金を回収

アスペルガー症候群と安息日

安息日を守ること

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%81%AF%E6%97%A5

つまり、金曜日の日没から、土曜日の日没までは、何も仕事をしてはいけない日。
アブラハムの宗教、ユダヤ教、キリスト今日、イスラム教はそうなっていて

ユダヤ教は、厳格だか、キリスト教は、重視される程度

アスペルガー症候群って、ルールは、絶対的なので、ユダヤ教的だと思う。
でも、相場に関しては、絶対的ルールと、想定外が起こった時に柔軟な対象が必要だと思う。

涅槃金

ねはんきん
僧が行脚に出るとき、病気や不慮の死によって他人に迷惑をかけないため、予め袈裟文庫の中に入れておく若干の金銭。葬式をするための金。

相場は、1000円らしいんだが
一人暮らしだと、50万円ぐらいが必要かもしれません。

というか、一体、一人暮らしで、老後を暮らすには、いくらあればいいのわからないのと、不安ですね。

クレジットカードの七不思議

某大手ショッピングサイトのクレジットカードを使っていて
今まで、街で、安い買い物をする時は大丈夫なのに

通販サイトで、高額な買い物 10万以上だと使えない。
それでも、利用可能金額は、100万円はあるのに、不思議というか、セキュリティがメチャクチャ固いのかと、今まで思っていたカードがあるが、先日解決。

理由は、なんてことない。有効期限が3月かと思っていたのだが、実は、8月で
3と8の数字は、実によく似ていて、入力ミスで、いつもうけいれられなくって

このカードは、街で少額の商品しか買わせてくれないカードだと、勝手に勘違いしていた。

思い込みとは、恐ろしい。よく確認すべきだった。

サンク(sunk埋没)コスト

サンクコストは、経済学用語で、投下した金銭と時間コストで、撤退しても戻らないコストを示す。
2000円で、2時間上映の映画が、最初の10分で、くだらないと分かった場合、すぐ辞めて出るべきか、それとも、2時間見続けるかで。

途中で辞めた場合、2000円と10分はサンクコストだが、110分は、有効に活用できる。ところが、損切できずに、延々と、もったいない元を取らないとと思う人は、サンクコストを損切できずに、2000円と120分を浪費してしまう人もいる。そういう人は、投資に向いてない。

FXのトレーダーを見ていて、100万円損したから、元をとるまで止めないと、更に200万円損するパチンコ屋にいるような親父と本震的に似ている人がいる。
サンクコストに執着しすぎて、損切できないという訳だ。

基本的に相場は、市場参加者が、値段を決めるのであって、自分が頑張って、どうなるわけでもない。相場を動かすぐらいの大金を注入する事も現実的ではない。

サンクすコストに執着せず、次に行くのが、戦略的に有効なのだ。
古代アテネのペリクレスは「貧しいことは恥ずべきことではない。しかし、貧しさから脱しようと努めず、安住することこそ恥ずべきことである」

一路一帯 と 大東亜共栄圏

中国の一路一帯を見ていたら、過去日本がやった大東亜共栄圏にかぶってしまうのだが。

戦争というのは、国の指導層の思想のぶつかり合い。それと、経済圏、早い話が税金の取り合いが、戦争に発展する。アメリカ独立戦争も植民地の課税、印紙税が原因になった。

大東亜共栄圏でのスローガンは、八紘一宇 天下・全世界を一つの家にすること

ユダヤのタルムード
神に選ばれたユダヤ人が他宗教信者や無神論者を絶対的に支配する世界規模の社会は世界統一政府の樹立によってのみ可能となる

キリスト教原理主義
世界統一政府樹立:神に選ばれたキリスト教徒が他宗教信者や無神論者を絶対的に支配する世界規模の社会は、世界統一政府の樹立によってのみ可能となる

イスラム教の世界統一政府樹立
神に選ばれたイスラム教徒が他宗教信者や無神論者を絶対的に支配する世界規模の社会は、世界統一政府の樹立によってのみ可能となる

どの国も、宗教も、自分達が、世界を支配したいということだ。

一路一帯も、ユダヤ人が発明した金融を駆使して、莫大な債務を発展途上国が負わされて、土地を代わりに取り上げられる
日本によるプロジェクトの金利は0.5%なのに対して一帯一路など中国人によるものは6.3%もするスリランカの例

ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も利息を禁止していました。

もし、あなたがわたしの民、あなたと共にいる貧しい者に金を貸す場合は、彼に対して高利貸しになってはならない。彼から利子をとってはならない
同胞には利子を付けて貸してはならない。銀の利子も、食べ物の利子も、その他利子が付くいかなるものの利子も付けてはならない。外国人には利子を付けて貸してもよいが、同胞には利子を付けて貸してはならない
(「旧約聖書から出エジプト記」より)

アッラーは、商売はお許しになった。だが利息取りは禁じ給うた。神様からお小言を頂戴しておとなしくそんなことを止めるなら、まあ、それまで儲けた分だけは見逃してやろう。だがまた逆戻りなどするようならそれこそ地獄の劫火の住人になって、永遠に出してはいただけまいぞ
(「コーラン」より)

ユダヤ人のアインシュタインは複利の利息こそ人類最大の発明だといい
「他民族への利息貸付は許される」と旧約聖書の教義を拡大解釈
ユダヤ人が発行した紙幣を借りて、利息がつき、その利息もユダヤ紙幣で支払う。金融を通じて、完全にコントロールされてしまうということにつきる。
中国は、まさに、人民元を貸し付けて、その利息も、人民元で支払わせるというわけだ。

国家の借金と就労可能年齢

住宅ローンで、35年ローンで、そのローンが完了するのに、83歳という知り合いがいて、それって銀行って真面目に審査してないんじゃないというか、80歳を超えても働いているという計算もおかしい。

役所の天下りは、75歳になっても、お金を貰うために、毎日通っている人もいる。これに関しては、やばいだろって思うが。

国家の借金で、いつも思うことだが
人間の場合だと、返済に200年かかる計画なんだけど、お金貸してっていうと
あんた、真面目に払う気、最初からないんだろって、バレバレだが
それが、組織、国の場合だと、OKっていうのが、おかしい。
まず、親が犯した犯罪の賠償を引き継ぐっていうのも、国家ならあり
そんでもって、親の借金も相続される。個人の場合だと、相続拒否だろう。

普通に考えてみて、就労可能年齢が支払いの限界点だと思われる。
ということは、それ以上に、借金をしちやった場合だと、債務超過状態というわけだ。いくら、資産があるとか、言っても、売却できない、いや売却する気さえもない資産を数字で説明されようが、まやかしなのだ。

政府が、働き方改革とか、退職年齢を引き上げるっていうのは、ここから来ている。まず、22歳から65歳まで働いた場合。43年間就労すると仮定できる。

ということは、支払いに43年以上かかる借金は、債務超過を起こしていると仮定できる。個人もそうだし、その個人の集合体の企業、国家もそうだろう。

ということは、現在の日本は、借金の返済に200年以上かかるほど、公務員が、無駄遣いと、浪費をしまくった結果だ。
そのような国が発行する通貨自体に、本当に価値があるのか、疑問というしかない。

普通に考えて、やばいことなんだが、誰も怖くて指摘しないが
先日、人ごとの様に リアルでガチやばいと、ツイートしたのが、日本年金機構
完全に支配層、税金を使う側だから、払う人ではない思考なのだろう。
自分達だけは、関係ないっていう感じ。これが、この国の実体なのかもしれない。

資本主義での労働者

職場で、貧困というか、お金がない人の特徴を見ていて

好奇心がない。新しい事を学ぼうとしない。
向上心も当然ないから、現状の低賃金から逃げるすべを学ばない。
他に収入を求めることもしない。

だから、配置が換わって、今のまんま、収入が下がる一方なのに
なぜそうされているのか、わかってない。早い話が能力がないから、自ら辞めて欲しい意向がわかってない。最悪なことに、能力がないから、他に働く所もないから、しがみつく事になっている。
たまたま一緒に関わることがあって、それが判明、なるほどなー。

自分が関わっている仕事でも、無関心、他人事っぽくて
これは、雰囲気なのか、それとも、責任感のなさが、普段から出ているのか

どうも金融は、好奇心も向上心も無い人に、教えては絶対駄目だなって思った。
それと、自分のお金やのに、他人事で、そういう人は、投資には向かない。

欲望が経済を動かすのだが、他人にすがって、おんぶに抱っこ状態の人
社会主義国の国民、資本主義で役人はそんな感じになっている気がする。

そういう人達が国家を崩壊させるのだろう。テロリストが国をつぶすのではない。
無気力で、自分達(役人)が、美味しい思いをすれば、国民は、どうでも良いということだ。

自分達の都合の良いルールを作り、自分達の意見が通りやすいように数字を改ざん

定年過ぎても、公益法人などの外郭団体に天下りして、賃金を吸い上げる。
若者の働く場所を奪い。自分は、お金が貰える間は、ずっと居座り続ける。
昼間は、デパートに買い物に行ったり、ぶらぶらしたり、電話で済むことでもわざわざ交通費を使って、会いにいったりして、時間と費用を使うのが、仕事だと思っている。

国民は、そういうのに、関心がないから、役人にやりたい放題されていて
そのつけが、税金として、国民に負担がかえっている訳だ。

税を使う側 支配者、公務員、役人
税を払う側 労働者

の違いで、若者は、公務員になりたがっているの、わかる気がする。