世界的な景気後退の確認

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

景気の後退の確認は、長期短期金利の逆転現象。逆イールド現象が発生

信用リスクと、通貨が同一の債券の利回り曲線が右肩下がりになる。
期間が長い債券の金利が低迷する 短期金利 >長期金利 となる。
安全資産である債券に資金が集まる、それが原因で長期金利が低迷するという訳だ。
通常の場合は、順イールドで、長期金利の方が高い。

逆イールドの発生は、目先のインフレ懸念が強くなったとか、短期金利が急騰したり、長期金利が低迷した場合だ。

欧州の鉄鋼の需要の低迷、世界最大の製鉄メーカーは、アルセール・ミタルだが

景気動向の指標として使っている。景気が良い状態では、旺盛な鉄の需要があるからだ。景気が悪くなると、需要が減って、鉄鋼価格が落下する

鉄鋼世界最大手の欧州アルセロール・ミタルは6日、欧州で年産換算で300万トンの鋼材を減産すると発表。粗鋼生産量の約7%に相当

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44450650W9A500C1000000/

ミタル、純利益65%減 欧州の自動車向け需要弱く
純利益が前年同期比65%減の4億1400万ドル(約450億円)

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44609930Q9A510C1000000/

ミタル、欧州の減産を拡大 需要低迷し独仏でも
年産換算で300万トンを減産すると発表したばかりだが、今回は独仏なども対象で欧州全域に広げる。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45418130Z20C19A5TJ1000/

鉄鋼世界最大手の欧州アルセロール・ミタルが1日発表した2019年4~6月期の決算は、最終損益が4億4700万ドル(約490億円)の赤字だった。前年同期は18億6500万ドルの黒字だった。最終赤字となるのは16年1~3月期以来、13四半期ぶり。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO48079820R00C19A8916M00/

8月SQ 20,855.99円を振り返って

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

8月SQ 20,855.99円を振り返って

日経先物、オプションをAIで解析して
初動波の利益+386%は、やはり強烈だった。
もっとも、大量に持った玉を利食いの売りを出したのが
確実に、マーケットインパクトになって、市場の価格を捻じ曲げてしまった感じ
私が、持っていた、権利行使価格だけが、異常に安く取引されるという

アイスバーグ注文で、板にはでなかったのだが
いつものことで、証券会社から大量の注文を執行するので
自動で、分割発注させていただきましたと、ご丁寧なメールがやってきたが。

AIを使っての価格分析も、プットオプションの天井近辺になると
売りの踏み、買戻しと、新規売りのガチバトルになって
ボラティリティが、手がつけられないぐらい急騰

IV先物も、急上昇
ここで、気合入れて、ガンマショートすれば良いのだろうけど
私は、そこまで、根性ないです。
オプション売りは、一歩間違えると、恐ろしいぐらい損失を抱える羽目になるから。
過去、そういう目に何度かあってきた。

株価が暴落して、大儲けすると
どうも、般若心経を唱えてしまう。

怖くて手つけれん状態が、切り返しポイントなんだろうけど
金融は、心理で動く通り
心が、金融を作り出すということにつきる。

宗教も、似たようなものだろう。

8月暴落後の展開について

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

8月1日に、投資信託が買いついてきた所が、絶好のプットオプションの買い位置になって、3桁以上、買い仕込み、その後、暴落パターンとなって、非常においしかった。
この暴落は、2か月以上前から、8月急落は予想されていて、セオリー通りの展開。
1月、2月株価が上昇、3月下がるパターンは、過去5回あったが、100%8月は、暴落するパターン、まさに、その通りだったわけだ。

7月18日 安値 20960円
7月25日 高値 21800円

21800-20960=840

20960-840=20120円
アダムセオリーの20120円を割り込んで、日経平均は、急所19960円をタッチ
20000円の切り数のストップロスを、巻き込んでからの買戻しとなった。

黄金分割比率 フィボナッチ級数0.382
https://www.nomura.co.jp/terms/japan/o/golden_div_ratio.html

21800-19960=1840
1840*0.382=702.88
19960+702=20662

となり、目先20660円を戻す展開になるだろう。
長期的な変動からいうと、一度戻ってからの、再度の下げが起こると思う。
そうなると、下げが、拡大して短時間で、日経平均が3000円幅で、急落するはず。
今後も、下げの美味しい展開が、何度も訪れるだろう。

8月暴落パターン

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

2015年のパターンだと、8月に大きく下がる前に
一度7月に下げて、リバウンドした。

これが、騙しになって、あれ??
やはり、アップトレンド継続だったかっていう感じで
ジェットコースターみたいに、一度、上にふってから
エネルギーを貯めてからの下げが強烈になる。

超短期では、リバウンド局面

輸出規制のタイミング

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

日本が輸出規制を行ったタイミング7月4日について

なぜ、その時期が選ばれたのかというと

CFD PG3VNF CSSD-M2B2TPG3VNF
の発売に合わせた感じがする。
https://www.cfd.co.jp/news/2019/06/20190627/
https://www.cfd.co.jp/product/ssd/cssd-m2b2tpg3vnf/

フラッシュメモリーに東芝製「BiCS4」を搭載しており、シーケンシャルリード最大5000MB/sで、サムソンの最新型3,500MBより圧倒的高速だ。

https://www.itgm.co.jp/product/ssd-970-evo-plus-m-2-nvme.php

感情一致効果

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

感情一致効果がある人、つまり、ポジティブな人は、依存症になって
更に、相場では、損失が起こる。
どうしてかというと、自分の持ったポジションに対して、ポジティブな感情になって、損切りできないから。

失敗しても、問題を解決せず、先送り、手遅れになるということだろう。

6月25日の日経平均

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

日経平均は、下がりそうで、下がらない。
6月18日の夜間取引での上昇
しかも出来高を見ても、短時間で5000枚以上成立していて
どうみてもヘッジファンドの仕掛けだと思う。

直前では、下げ基調っぽかったので、空売りしている人は
はまった感じ、エグいねー。

日足を見ても、下げって感じで
私は、プットオプション行っちゃってました。
2円の損失で、逃げれたけど。
G20過ぎるまで、モミモミしそうな感じ。
過ぎてからは、選挙でいったん上げるんだろうなって思います。

チャートのこの赤い所で、はまった個人多そうな気がします。

価値のベンチマーク

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

日本は、平和ぼけしているのか脳天気な人が多くて所得が高いから、金融リテラシーが要らないと勘違いしている人職場で、多い。年収1000万円以上の人達だ。

はっきり言って、ナンセンスすぎる。

世界の金融市場と、過去の歴史を振り返ると、ずっこけそうになる。
まず、価値という物は、変動、変化し続けて、管理しないと
価値を保ち続けることは困難だ。

その指標となるのは、何かというと、やはり、金本位制を支持する。
貴金属の金GOLDは、国家を超えて、時空を超えて、一定の価値がある。
紀元前エジプトのファラオの時代から
日本の戦国時代も、価値があるし

価値が消失する事は、過去から現在まで、価値があり続けている。
ちなみに、スイス系の金融機関は、預け入れの基準を金で指定している。

価値というのは、皆が欲しいと思う思いが、価値を形成している。
金の場合は、一般の人も、国家も欲しがる。しかも、時代を超えてだ。

金に対しての資産が、減少しているか、増加しているのかのベンチマークを測定する必要があり
2000年以降、金価格は、円建てでも、上昇。
グラム927円

2019年6月現時点で
グラム4811円になっている。

価格は5倍以上になったということで
円の価値自体は、金に対して1/5になっているということだ。

ということは、価値自体は、円ベースだと、5倍になってないといけなくって
私はというと5倍以上になっているからセーフだ。

それはそうと、資産管理の難しいのは
年齢が高くなるにつれて

順調に資産が増加した場合でも
分母が巨大になるにつれ、ちょっとした価格変動でも
大きく資産価値が変動するということだ。

そこで、トレンド分析、ポジションのコントロールなどが必要となる。

私が思うことで、価格変動のお勉強をするのだったら
どんな金融商品がベストかというと、やはり金GOLDが、無難なような気がする。

腐っても、金の価値はある。

FXは、色々問題が多すぎて初心者には、向かない。
金の場合でも、商品先物取引の場合は、レバレッジのコントロールに気を付ければ良い。
ただ、このレバレッジのコントロールについては、相場を教えてくれた師匠から
素人に、教えてはいけない秘密にすべき事だと言われた。

手数料を安く金取引をするのだったら、BullionVaultという手もある。
取引手数料は、最大0.5%

ブリオンボールト

BullionVault

以前、私は、スパイダーGOLDとか、商品先物を使っていたが
少額で、行うのだったら、ベストの選択だと思うのだ。

それと、円の価値の本質として、私が感じる事だが
GDPの230%以上の負債がある国が発行している紙幣。

借金の返済に、200年以上かかる状態の国の紙幣に、価値は無いと思う。

この借金について、国民の平均労働寿命を超えている自体で、既に返済が不能な状態。紙切れを発行して、紙切れを借金で、回す事で成立しているから、あり得ることで、これが、本源的、物質的な価値を持った物だと、破綻しているということだ。

だから、円に対して、金の価値が上昇するということになるのだが。

早くこの事態に気がついた人は、資産を、円から違う価値に分散すべきだと思う。
ちなみに、暗号通貨の場合は、ネズミ講と似たような感じで
デジタルゴミ、現在の紙幣と、本質的には似ている。
価値があると信じている人がいるから成立していると言うことで

いきなり価値が、ゼロになることも大いにある。

CLO ローン担保証券

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

CLOの発行残高が0.6兆ドルを突破して
いつはじけるのかに注目。
米企業債務の国内総生産GDP比が、リーマンショックの水準0.72に近い状態

高リスク融資が伸びて、財務体質も悪化
レバレッジドローンが、60%を突破
リーマンショックの時は、40%近かった。

借金が、経済を動かしているのだが
その借金が、いきずまるのが、いつになるかだ。

CLOが、どうも、リーマンショックの時と同じで
リスク分散になっていない状態になってきている。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-12/PSYTTA6K50XX01

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-06-11/PSXUM76JIJV001

破綻が、始まったら、手がつけられない状態に陥りそう。

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-05-23/PRXTI86KLVR601

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-02-21/PNABPI6VDKHS01

日本の金融機関は、1%の利回りを求めて、米国のCLOを買いあさった。農林中央金庫、メガバンク、ゆうちょ銀行などが、CLO市場の過半数で保有する残高は、10兆円を超える。

CLOでは、主に投資不適格の法人向けローンを金融機関が特別目的会社(SPC)に譲渡し、SPCがローンの元利金を裏付けとする証券を発行する。リスクの高い「エクイティ」と呼ばれる部分から利払いや返済が優先される「シニア債」まで、束ねたローンを分解し、投資家に販売する。

つまり、リスクの透明性が無くなり、リスクがわからない状態にした商品を、格付け会社が、トリプルAにして販売するという訳で、サブプライムローンと似ている。

組成するのは、米国の金融機関で、甘い条件でローンを組む。つまりリスクが高い。

有事の円買いが不発!!

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。
アスペルガー症候群ランキング

去年から、有事の円買いが、不発になってきている。
G10通貨の中で、最も弱くなっている。
円は、弱いまんま

https://jp.reuters.com/article/analysis-yen-idJPKBN1KG08R

https://www.sankeibiz.jp/macro/news/190620/mcb1906200710002-n1.htm

それは、なぜかというと、海外にキャピタルフライトしたまんまになっているからだ。

ドル円の取引は、世界で、2番目に多く取引される組み合わせだ。一番は、ドルユーロだが。
流動性が極めて高い。

でも、このまんまだと、暗号通貨と同じ運命をたどる可能性もある。
まず、GDP比での借金が、あまりにも巨額過ぎて
借金の返済に200年以上かかる国の通貨が、価値があるという事自体が、まさに異次元状態。

金融、通貨自体が、そんなものかもしれないが
物質的な価値は、ほとんどない。

去年から、円買いが起こらないのは、やはりJGBの投資判断、外資は売り推奨が効いているような気がするのだ。