http://sns.masaoka.jp

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

http://sns.masaoka.jp

を復活しました。
というか、メールサーバーの設定が止まっていて、忙しくって、メンテしてなかったのですが、OS、アプリのバージョンアップしました。

新規登録を押して
メールアドレスを登録すると、招待状が送信されます。

All your files have been encrypted!

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

今、ちまたで流行している。人質(データ)を暗号化して、ビットコインをよこせっていうタイプのマルウェアとかだが、調査分析の為のポッドを立ち上げて、早く来い来いと、待っていたら、キャッチ。

私の所は、Windowsをサーバー用途で使ってないが、一般の会社は、Windowsって多いんだろうなーって思う。
メーカーのコンピュータは、Windowsが最初から入っていたり、システム管理者が、Windowsしか、触ったことがないとか。両方使った人ならわかるが
Windowsは、コストがかかる。まず、時間と、金がかかるシステムで、自分所で完結するIT企業だったら、Windowsは、使わないだろう。開発コスト、運用コストもかかりまくる訳だ。逆な発想だと、お金を取って商売するとするならば、客にWindowsを使わせると、いくらでもお金がかかるシステムの出来上がりになる。

ここ一年ぐらい、身代金マルウェアを調査して、分かった事。

侵入経路

メールシステム、RDリモートディスクトップ、Web広告

リモートディスクトップの証明書が、書き換わる。半年の証明

NetworkShare.exe Windowsのファイル共有を調査するアプリ
ローカル内のIPアドレスを返す。

payload.exe が本体、データというか、プログラムでも、片っ端から暗号化して
プログラムが実行中などのロックしているファイルは、暗号化されない。
ファイルが暗号処理されると、BOTファイルに上書きされる。
ネットワークドライブも存在する場合は、BOTファイルに置き換わる。

暗号化が完了したディレクトリーに

FILES ENCRYPTED.TXT
というテキストファイルが作成され

その内容は

all your data has been locked us
You want to return?
write email [email protected] or [email protected]


という具合になる。

暗号化される対象ファイルは

.sql、.mp4、.7z、.rar、.m4a、.wma、.avi、.wmv、.csv、.d3dbsp、.zip、.sie、.sum、.ibank、.t13、.t12、.qdf 、.gdb、.tax、.pkpass、.bc6、.bc7、.bkp、.qic、.bkf、.sidn、.sidd、.mddata、.itl、.itdb、.icxs、.hvpl、.hplg 、. hkdb、.mdbackup、.syncdb、.gho、.cas、.svg、.map、.wmo、.itm、.sb、.fos、.mov、.vdf、.ztmp、.sis、.sid、.ncf、 .menu、.layout、.dmp、.blob、.esm、.vcf、.vtf、.dazip、.fpk、.mlx、.kf、.iwd、.vpk、.tor、.psk、.rim、.w3x 、.fsh、.ntl、.arch00、.lvl、.snx、.cfr、.ff、.vpp_pc、.lrf、.m2、.mcmeta、.vfs0、.mpqge、.kdb、.db0、.dba 、. rofl、.hkx、.bar、.upk、.das、.iwi、.litemod、.asset、.forge、.ltx、.bsa、.apk、.re4、.sav、.lbf、.slm、.bik、 .epk、.rgss3a、.pak、.big、wallet、.wotreplay、.xxx、.desc、.py、.m3u、.flv、.js、.css、.rb、.png、.jpeg、.txt、 .p7c、.p7b、.p12、.pfx、.pem、.crt、.cer、.der、.x3f、.srw、.pef、.ptx、.r3d、.rw2、.rwl、.raw 、.raf、.orf、.nrw、.mrwref、.mef、.erf、.kdc、.dcr、.cr2、.crw、.bay、.sr2、.srf、.arw、.3fr、.dng、.jpe、 .jpg、.cdr、.indd、.ai、.eps、.pdf、.pdd、.psd、.dbf、.mdf、.wb2、.rtf、.wpd、.dxg、.xf、.dwg、.pst 、.accdb、.mdb、.pptm、.pptx、.ppt、.xlk、.xlsb、.xlsm、.xlsx、.xls、.wps、.docm、.docx、.doc、.odb、.odc 、. odm、.odp、.ods、.odt

というメッセージが、payload.exeが実行されると、画面に表示される。

駆除方法は

c:\windows\system32/payload.exe

Ransom Crysis Generic というマルウェアだ

http://sns.masaoka.jp

に書いておきます。

Windows Update が何回も失敗する場合

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

管理者で、コマンドプロンプトを表示。
スタートで、右クリック
Windows Power Shell 管理者
で、cmd
Dism /Online /Cleanup-Image /CheckHealth
Dism /Online /Cleanup-Image /ScanHealth
Dism /Online /Cleanup-Image /RestoreHealth
Sfc /scannow

で、再起動させて
Windows Updateを再度試す。

処理を妨げる可能性がある作業用一時ファイルを削除しましょう。 
以下のコマンドを管理者特権があるコマンドプロンプトで実行してください。 

cleanmgr.exe /D C: /VERYLOWDISK /SETUP

コマンド実行後にWindowsを再起動し、ストレージへのアクセスが緩慢になってからログインしてください。 

輸出規制のタイミング

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

日本が輸出規制を行ったタイミング7月4日について

なぜ、その時期が選ばれたのかというと

CFD PG3VNF CSSD-M2B2TPG3VNF
の発売に合わせた感じがする。
https://www.cfd.co.jp/news/2019/06/20190627/
https://www.cfd.co.jp/product/ssd/cssd-m2b2tpg3vnf/

フラッシュメモリーに東芝製「BiCS4」を搭載しており、シーケンシャルリード最大5000MB/sで、サムソンの最新型3,500MBより圧倒的高速だ。

https://www.itgm.co.jp/product/ssd-970-evo-plus-m-2-nvme.php

このカードでは取引する事が出来ません。(1SAI6T9)

d払いで、このエラーが出てはまる状態に

NTTドコモに電話かけて聞くとカード会社側の問題のエラーですねって言われたので、今度はカード会社に電話かけて聞くことに
限度額とか、問題なしだが、不正に使用されるのを防止するセキュリティでロックされている可能性があると言われて調査中。

何を買おうとしたのかというと、40万円以上するL3スイッチ

購買パターンを、カード会社に学習させると大丈夫なんだが
高額決済20万円以上だと、最初の3回近くは、電話でオペレーターに解除して貰うとかして、いわゆる常連で、高額決済を普通に行っている人だという購入履歴の登録が進むと、こういう状態に陥ることはない。

不実な会社が作るシステムエラー 予期せぬエラーが発生しました

予期せぬエラーが発生しました

http://www.fmworld.net/cs/azbyclub/qanavi/jsp/qacontents.jsp?PID=4011-2165&rid=282

ここの会社が開発したシステムのエラーメッセージは、これが出る。
正直、エラー、間違いは、普通は、予期しない。
だから、予期せぬっていうのは、ある意味正しいかもしれないが
開発する際、エラー実装の手抜きなのか
ハッカーに情報を与えない為、なんでもかんでも、「予期せぬエラーが発生しました」に統一しているのか、わからないが、とにかくこのエラーが出ると、どうしようもない状態になっている。というか、対処法が正直ない。再起動して、同じ手順を踏む。あとは、祈る位しか方法はない。

Windows10 コンパクトOS

Windows10で、ディスクの使用量を削減するコンパクトOSの適用というのがある。

SSDで、起動する場合は、コンパクトOSになってない。

システムが圧縮されていて、ディスク容量が少なくてすむのだが、起動時に、圧縮しているOSを展開するので、CPUのパワーを使う。

無圧縮だと、8ギガが、5-6ギガぐらいになるので、ディスク容量の少ないタブレットや格安PCでは、ありがたい機能だ。

コマンドプロンプト (管理者)から

compact /compactos:query

と入れると、システムの圧縮状態がわかる。
圧縮する場合は

compact /compactos:always

圧縮したのを解凍する場合は

compact /compactos:never

とする時間が結構かかるので、電源の確保と、それなりの時間が必要。

ナンバーズを予想する手法 ディープラーニング

ディープラーニングだから、ただ単に過去のナンバーズの数字を入力して学習させると、未来やってくる数字の確率を計算♪って、簡単にいかない。

まず、ディープラーニングを語る前に、ビッグデータからだ。
過去のナンバーズの数字のデータから、色覚的にわかる数字の法則性を捉える。
IQが高い人だったら、比較的、簡単なはずだ。IQテストは、法則性、気づきのテストだからだ。ちなみに、私のIQは、先日テストしたら、193 上位16.09%、やっぱアスペルガー症候群なのだ。

まず、ナンバーズ4の法則で、ストレートの場合だと、0000から9999の1万通りだが、これが、数字の並びは関係ない予想、つまりボックスの場合だと、815通りになる。

つまり、ボックスで当選したいのならば、815通り買えば、絶対に当たるという計算だ。1口が100円で、81500円買えば、確実に当たるわけだが

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/numbers/numbers4/index.html

大抵の場合は、当選金額が、81500円以下になってしまう。
どうしてかというと、確率的に、来ないパターンって、実は存在する。数学的に証明できる。

まず、同じ数字が4つ並ぶとか0000とか7777は、滅多に来ない
後、3つ並ぶのも、1/20ぐらいの確率でしか来ない。

ところが、同じ数字がヒットする確率は、意外に高い。
という具合で、どのような因子で、その数字がやってくるのかというルールを定義して、それが、来たパターンと、来てないパターンと、学習させる教師データを作成する。

後、数字のもつれっていうやつで、前回来た数字が、次回に引き継ぐ確率も、非常に高い。

そういう、ありとあらゆる確率を計算させて、次やってくる数字で確率が高い数字を導き出す訳だ。

それ以外に、当選金額と数字の法則で、例えば、月日みたいな数字の場合だと、当選金額が少ない。恐らく、自分の誕生日、02月16日だと、0216 ってな具合で、選ぶ人が多いんだろうなって思う。高額当選の場合は、大きい数字9とか8とかで、始まった場合だと、高額当選になる。

ナンバーズ4を純粋に投資として考えるならば、当選する確率が高い数字で、かつ当然金額が高額なパターンを狙って買うべきだろう。
つまり、セットで買うと、セットの場合は、ストーレト半分、ボックス半分という買い方になるので、もしストレートで当たった場合は、ストレートの半額受け取れる。狩りに仮にボックスで当選した場合でも、ボックスの半分ということで、確率的に高いのと、運が良ければ高額賞金も狙える方法なのだ。

ディープラーニングで、宝くじを予想する!!

その昔と言っても、10年ほど前に、某大手出版社の社長に
宝くじを当てるソフトを開発してくれっていう話で

正直、バカバカしいって思ったけど
不可能に挑戦してみるというのが、アスペルガー症候群の純粋というか、アホなのかは、わらないけど、研究して、ソフトを開発したことがある。
ちなみに、そのソフトは、その某大手出版会社が出している週刊誌に取り上げられたことがあって、週刊誌っていうのが、またまた嘘っぽくて

それでも、その依頼主は、ナンバーズ4のストレートを2回もそのソフトで当てた実績がある。

私は、確かに、当たるけど、寺銭、つまり税金が高くて、長い間やり続けると、損するので、辞めちゃった。

研究対象としては、面白かったが、それを研究する為に、コンピュータの計算処理のアイデアとか、色々、新しい知見を得ることが出来てとても良かった。

当時のマシンは、Windows95とかの時代で、VisualBasic4.0で、開発した。

研究していたのは、FreeBSD上だという、当時のWindows95っていうやつは、制約が多くて、話にならなかった。安定性も最悪だったし

FreeBSDで、Cでプログラムを書いて、確率の検証。その際に、当時のマシンは、計算スピードが遅いのと、計算量が多くて、全部計算し終えるのに、20日もかかるという、ナンバーズ4の次の結果が出る前に予想出来ないという、笑えないシステムだった。

そこで、まず、ほとんどの場合、来ないパターンの計算をパージしたり
基本的なパターンを組み込むことで、非力なパソコンでも動くように仕上げた。
予想は、適当に出していたのではなく、かなり計算した数字を出していた。

数本は、売れたけど、当然開発費も回収出来ず、技術的には、面白かったというだけだ。当時、考えた計算技術は、今でも通用する。

で、当分、ナンバーズ4から離れていたのだが
この最近の、ディープラーニングブームで、再帰型ニューラルネットワークRNNを使うと、どの位の精度で、ナンバーズ4を予想出来るのかという興味が沸いたのと
当時、考案した法則通り、今のナンバーズ4も、来ているというのを確認して

https://www.mizuhobank.co.jp/retail/takarakuji/numbers/numbers4/index.html

これは、絶対、新しい技術を使って予想をして、その結果は、どうなのかっていうのに無茶苦茶興味があるので、挑戦しようと思います。

未来を予想するっていうことが、どの位の価値につながるかは、わかりませんが
未来、それが起こる確率を有効に活用できれば、もっと幸せになれると思うのです。

とりあえず、RNNのLSTM
LSTM(long_short_term_memory)
を使って、学習させてみようかと

人工知能をやってみて、どうみても実装の仕方がキモだと思う。
そういうノウハウがないと、ただボーッと誰でも書けるプログラムを書くと、ただ平凡で、使い物にならないシステムの出来上がりになってしまうのだ。