iOS不具合 リンゴループについて

iOSのアップデートすると、報告が多いのが、リンゴループになって起動が出来なくなった事例が報告される。

これは、古い機種が原因で起こるのかというとそうでもない。
なぜこういう現象が起こるのかというと、Appleは、アプリを削除しても、古い設定を削除せず、そのまんまにしているから、どんどん古い設定情報が蓄積されて、それが不具合の原因になっている場合が多い。

解決するには、一度、バックアップ取ってから、リカバリーすると、古いのがきれいさっぱり消える。
時間的な問題とかで、面倒くさい。

もしりんごループになったら、どうしたら良いのかというと、色々なやり方がある。

セーフティモードで立ち上げる。これは、OSの標準設定で、最低限起動する。
音量の+を押しながら、電源ボタンを押して、リンゴマークが消えるまで、音量の+を押し続けて離さない。
この方法だと、データは、そのまんまで消えない。

DFUモードで、起動する。リカバリーモードで起動して、初期化する。データは消えますが、起動に関するファイルも初期化されます。

裏技使ってでも、修復したい場合は、DFUモードにしてから、iOSを上書きする。起動環境ファイルを修復させると、データ消さずに修復出来ます。ただ、問題は、面倒くさいのと、時間がかかるのが難点。

それでも修復依頼は、 masaoka@yahoo.co.jp で、承ります。

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください