appraiserres.dll 削除

Windows11の要件を満たしてないパソコンでもappraiserres.dllを削除するだけで簡単にインストールできます。

システム要件をチェックするのは「appraiserres.dll」というファイルで、このファイルを削除するとシステム要件をチェックではねられることなくインストールが進みます。

sourcesフォルター内に、appraiserres.dllがあるので、削除して、setup.exeを管理者として実行します。

USB起動作成ツールのRufusでは、「拡張」(Extended)モードで「TPM 2.0」や「セキュアブート」、8GBのメインメモリといった最小システム要件をバイパスさせるインストールメディアを作成する事が出来ます。

マイクロソフト社公式の見解では

Windows 11 の最小システム要件を満たしていないデバイスに Windows 11 をインストールすることは推奨されません。 不適格なハードウェアに Windows 11 をインストールする場合は、互換性の問題が発生するリスクを想定しておく必要があります。  

これらの互換性やその他の問題により、デバイスが正しく機能しない可能性があります。 これらのシステム要件を満たしていないデバイスは、セキュリティ更新プログラムを含む更新プログラムを受け取ることが保証されなくなります。  

https://support.microsoft.com/ja-jp/windows/%E6%9C%80%E5%B0%8F%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%E8%A6%81%E4%BB%B6%E3%82%92%E6%BA%80%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%A6%E3%81%84%E3%81%AA%E3%81%84%E3%83%87%E3%83%90%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AB-windows-11-%E3%82%92%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%81%99%E3%82%8B-0b2dc4a2-5933-4ad4-9c09-ef0a331518f1

コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください