健康保険の不正斡旋の経緯 コロナ陽性患者の入国

2020年の春

公益財団法人大阪成人病予防協会が、行った。「健康保険の不正利用斡旋」

事務局長 松村卓

〒596-0045 大阪府岸和田市別所町2-13-17

常勤職員 牧美千代

〒533-0011 大阪府大阪市東淀川区大桐1-10-19

再雇用職員 稲葉貴美子

〒536-0014 大阪府大阪市城東区鴫野西4-10-2-510

2020年7月30日 立ち入り検査

大阪府総務部法務課公益法人グループ 出口雅浩

シンガポール在住の韓国国籍のキム氏が、白血病になって、コロナ禍の中、シンガポールから渡航、大阪国際がんセンターで治療をする為に、斡旋した。メールなどの証拠あり。

2020年7月2日16時10分から17時10分 会話録音済み

シンガポールの方が、白血病の治療技術が、進んでいるのに、なぜ何だろうというと、日本の方が安い。健康保険を使うからって言われた。
治療の為のコロナ禍での訪日を行っていた。
本人が、コロナの陽性にも関わらず、大阪国際がんセンターに受け入れ斡旋を行った。

高額治療を受けて、国民健康保険、公的な医療保険制度で、原資は、税金で
それを、知り合いだからというのは、あまりにも、私物化状態になっている。
大阪府民の為の公益財団法人と言いながら、やっている事は、大阪府民の税負担になり、コロナの陽性者を国内に導き入れ、健康増進とは、真逆である。

白血病の治療の費用について、大阪国際がんセンターの医師に聞いたところ、1回で、3000万円以上になり、国保を使うと、高額医療で、自己負担は、月8万円程度で済むという話だった。

更に、コロナの1回目の緊急事態宣言終了後に、国内にコロナ陽性者を秘密裏に、呼び込む行為は、公益性があるとは言い難い。

健康保険の不正利用の斡旋をやっているのは、明白で、新聞などのメディアでも、「タダ乗り患者 不正利用」となっており倫理、道徳的にも、おかしいことをやっている。

https://ascii.jp/elem/000/001/811/1811182/

健康保険の外国人タダ乗りを阻止する法改正がようやく成立

健康保険を使える扶養親族を原則として国内居住に限ることを柱とする健康保険法などの改正案が16日、衆院本会議で賛成多数により可決された。
日本で働く外国人が増える中、公的医療保険の不正利用を防ぐ狙い。
医療を中心に複数の社会保障制度を一括で改正する法案で、保険証の代わりにマイナンバーカードを使えるようにする内容も盛り込んでいる。
現行法では海外に住む扶養親族も健康保険を使えるが、血縁関係や扶養の実態などを確認するのが難しく、医療関係者らが不正利用の可能性を指摘している。
4月から外国人労働者の受け入れ拡大が始まるなど国際化が進んでいることから、適用を厳格化する。
扶養家族に国内居住要件改正案では健保の扶養家族や、保険料負担なしで年金を将来受け取れる厚生年金加入者の配偶者を、日本国内で生活している人に限定する。ただ海外赴任への同行や留学など、再び日本で生活する可能性が高い場合は例外とする方針。2020年4月から施行される。

https://www.sankei.com/premium/news/181207/prm1812070010-n1.html

https://www.asahi.com/articles/ASLB146J7LB1UCLV006.html

https://www.asahi.com/articles/ASLDG52LBLDGUTFK00Q.html

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO33675220R00C18A8CR8000/

https://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/200124/lif20012420000013-n1.html

https://www.asahi.com/articles/ASLDG52LBLDGUTFK00Q.html

厚労省が14日に公表した実態調査で、外国人の不正が確認された事例はなかった。
 国保は、留学生や経営者らが加入する公的医療保険。治療目的で入国すると治療費は全額自己負担となるため、外国人が入国目的を偽って国保を使うことへの懸念が医療現場や自民党から上がっている。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44794650U9A510C1MM0000/


コメントを残す コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください