Windows11をインストールメディアから起動して、動作要件をバイパスした。

公式のホームページから、Windows11インストールメディアイメージをダウンロードします。

https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows11

Windows11を起動メディアを用意します。

動作要件チェックで、以下のメッセージがでたら

ShiftとF10キーを同時押ししてコマンドプロンプトを起動し、regedit.exeと入力しEnterを押します。

HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setupの下に「LabConfig」キーを追加します。

「Setup」を右クリックすることで追加可能です。

LabConfig内(HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\Setup\LabConfig)に

BypassTPMCheck
BypassSecureBootCheck
の2つのDWORD (32ビット)値を新規設定し、値のデータを「1」にします。

メモリ容量4GB未満のPCでインストールしたいときは
BypassRAMCheck
を新規追加しデータを「1」にすることでメモリの容量チェックを回避することが可能です。
メモリが2Gでも、動作しますが、OSだけで、メモリを使い切るので、動作が遅いです。

レジストリー設定が正しく出来たならば、レジストリーエディターを閉じます。
Windows11セットアップに戻ります。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください