MTU Jumbo(ジャンボ)フレーム

インターネットのMTUは、1500バイトになっている。
MTU (Maximum Transmission Unit) はひとつパケットをどのくらい大きく出来るかを表現する。

1500バイト以上のペイロードを持つイーサネットフレームは、IEE802.3規格で規定されていて
ジャンボフレームという。最初、イーサーネット規格では、1500バイト総フレームサイズが1518バイトVLAN、QoSタグを入れて1522バイトに対応することが義務づけられた。

これがメーカーによって まちまちで

ベンダーによって、ヘッダをサイズに含める所と、含めない所がある。

VMWareだと、9000バイトが最大値
インテルのイーサーカードだと9014バイト 4088バイト

という具合だ。

このジャンボフレームに関しては、標準規格がなくって、物によると、14000-16000バイトの値を設定できる物もある。
だが、大抵は、9000バイトが多い。

最近のギガビットイーサーネットに対応するスイッチングハブだと、ジャンボフレームに対応しているが

対応していない、スイッチだと、1522バイト以上のパケットを通さないのがあったりした。

対応しているのか、していないのかは、重要で
対応してないマシンからアクセス出来ないことになる。1500バイトまでは、通過するので、中途半端にパケットが通過する。

ルーターで対応してないのが、ヤマハのRTX1200シリーズ、値段が高いRTX3500とかは、対応している。
従って、内部のLANで、ジャンボフレームを使いたい場合は、別にスイッチを用意しなければいけない。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください