プロバイダーのMTUについて

MTU(Maximum Transmission Unit)とは、通信機器などが一度に送信できる最大のデータ量を示す伝送単位です。
1000BASE-Tなどのイーサネットの規格では、最大1,500バイトがIP通信に利用でき
デフォルト値は、1500です。

ですが、全部のプロバイダーが、1500ではなく。
接続方法が、PPPoEとかに、よっては違います。

NURO光 1500
BIGLOBE IPv6オプションなどのv6プラス系 1460
auひかり 1492
フレッツ光 1454

自分が使っている回線のMTUを調べる方法は

speed guide.net のサイトにアクセスすると、MTUが表示されます。

https://www.speedguide.net/analyzer.php?DATA_OFFSET=40

赤で囲った所のMTUの数字を覚えておきます。

この数字をルータに設定すると、良いです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください