ネットワークブリッジの構成中に予期していないエラーが発生しました

Windows10で、WiFiと、有線LANをブリッジ接続させようとすると
エラーが起こる。

これは、新しいOSだと「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定があるから

やりたい構成は

インターネットを無線ルーターで、WiFiで、パケットを飛ばし

ブリッジ用のPC Windows10で、WiFiで受信して、有線LANで、ルーティングさせたい。

Windows10 Homeは、デフォルトで、「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定になっていて
Windows8以降は、デフォルトで、この設定になっています。

このままだと、有線LANと、無線LANを同時に使えないため、ブリッジ接続が正しく動作しません。

設定の変更の仕方

「ローカルグループポリシーエディター」を使うと、「有線LAN接続時に無線LANが無効化される」という設定を簡単に解除できます
Windows10 Homeの場合、デフォルトではローカルグループポリシーエディターを使えません。

ローカルグループポリシーエディターを使用可能な状態にします。

ローカルグループポリシー.bat
という名前で、下の内容のファイルを作成します。
---

@echo off
pushd “%~dp0”

dir /b %SystemRoot%servicingPackagesMicrosoft-Windows-GroupPolicy-ClientExtensions-Package~3.mum >List.txt dir /b %SystemRoot%servicingPackagesMicrosoft-Windows-GroupPolicy-ClientTools-Package~3.mum >>List.txt

for /f %%i in (‘findstr /i . List.txt 2^>nul’) do dism /online /norestart /add-package:”%SystemRoot%servicingPackages%%i”
pause

---

[Windows]及び[R]というキーを同時に押してから、ファイル名を指定して実行という画面を表示
gpedit.msc
で、起動できます。

<ローカルグループポリシーエディターの実行ファイルの場所>

%systemroot%system32gpedit.msc

C:WINDOWSSystem32gpedit.msc

「有線+無線での2回線構成の場合、起動時に無線が自動で接続されない」設定を無効化する

[ファイル名を指定して実行]を開き、gpedit.mscと入力してEnterを押します。
ローカルグループポリシーエディターが開いたら、[コンピューターの構成] > [管理用テンプレート] > [ネットワーク] > [Windows 接続マネージャー]と進み、Windows 接続マネージャーに入ります。
[インターネットまたは Windows ドメインへの同時接続の数を最小化する]という項目を選び、設定値を[無効]にします。
デフォルト値は[未構成]

ForceCompatibilityModeの設定

コマンドプロンプトを管理者モードで開きます。
netsh bridge show adapterと入力して、現在のブリッジアダプターの状態を確認します。 ここでブリッジ接続に利用しているネットワークカードのForceCompatibilityModeが”unknown”や”disabled”となっている場合、次の手順に進みます。
netsh bridge set adapter {アダプタの番号} eと入力して、ForceCompatibilityModeを”enabled”にします。
netsh bridge show adapterと入力して、ForceCompatibilityModeが”enabled”となっていることを確認します。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください