ロック画面をスキップさせる「バイパス」

Ubuntu Caribouは、Ubuntuのロック画面をバスパスさせることができます。

https://ubuntu.com/security/notices/USN-4958-1
https://wiki.gnome.org/Projects/Caribou

Caribouオンスクリーンキーボードは、特定の入力値を指定するとクラッシュする可能性がある。これを利用すると、画面ロックアプリをバイパスする可能性があります。

Ubuntuは、メモリーリークが多くて、17.10の時から、GNOME Shellで起こっていた、18.04でも直ってなくって。
GNOME Shellを再起動しないと、徐々にメモリーが消費されていって、スワップが発生して、パフォーマンスが大幅に低下したりしていた。

Alt+F2で、コマンド入力
rを入力してエンターで、GNOME Shellが再起動される。

このロック画面をバイパスさせるのは、セキュリティホールで、iPhoneは、過去、常套手段になっていて
結構、バグで、抜け穴多かった。昔のファミコン世代は、隠しコマンドみたいな感じ。

iOS6.1は、パスコード入力を迂回できる。
画面ロックを解除してパスコード入力画面が表示されたら、いったん緊急通話モードへと移動し、スリープ解除と緊急通話キャンセルを何度か繰り返していると、通話アプリを介してアドレス帳が参照できるようになるほか、同アプリで表示されるボイスメール、通話履歴、アドレス帳を介しての写真アルバム等へのアクセスが可能になる
iOS4.1時代から存在する。

iOS7は、ロック画面で上方向にスワイプして新しい「Control Center」にアクセスした後、タイマーのアプリを開く。

iPhoneのスリープボタンを押したままの状態で、スワイプ操作によって本体の電源を切る代わりに、キャンセルをタップしてホームボタンをダブルタップし、マルチタスキング画面にアクセスする。そこから、カメラに移動し、保存してある写真を共有することができる。このとき、電子メールやFlickr、Facebook、Twitterといったユーザーの通信アカウントにアクセスできるようになる。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202827

iOS11は、ロック画面から、Hey Siriを呼び出し、どれか一つでも通知が許可されている、そのアプリがロックされていないときにプレビューを表示に設定されている。
普通の人だったら一般的な設定なので、ロック画面からSiriに通知を読み上げるように命じると、秘密であるべきだった内容、話ちゃった。

パスコード総当たりのバグ
間違ったパスコードを10回以上入力されると端末のデータを全て削除する設定がある
設定アプリの「Touch IDとパスコード」メニューで「データを消去」をオン(緑色)
端末のデータを削除されずに総当たりでパスコードを破る方法で間違ったパスコード入力が10回続いた時にデータを消去する動作よりもキーボード入力操作が優先する、というiOSの仕様をつく。

iOS12からロックされてから1時間経過するとUSB機器によるデータ通信を遮断するようになった。
理由は、Lightning ケーブルをパソコンに接続して、パスワード総当たりアプリで解除されるから。

iOS13のロック画面をバイパスする方法は、FaceTime経由でビデオ通話を行い、Siri音声アシスタントを使用してVoiceOverスクリーンリーダー機能をアクティブにする必要があります。
の後、iPhoneの連絡先にアクセスして、e-を取得できます。画面を開かなくても、メール、電話番号、住所などすべてがデバイスに表示されます

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください