株式投資金融

2021年5月24日 ここ最近の日経平均のパターン

この所の日経平均の動きを解説

2021年2月16日の30720円を高値に、日足での短期の動きで、直近の底から、10営業日での目先高値からの調整を繰り返す展開になっている。価格の変動が鯨幕相場になっていて、超短期売買のデイトレーダーが有利かというと、急落、急騰を繰り返しており、5月18日の朝方みたいに、高よりから、更に上昇したりと、なかなか短期売買でも、やられる展開になっているようだ。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください