rebootもsthutdownもできない

#reboot #shutdown
Linux、FreeBSD、Windowsしかり、仮想化のハイパーバイザでも、再起動、シャットダウンも出来なくなる場合がある。今回は、linuxでの内容を書きます。

linuxの場合だと、 Reached target Reboot. と出たまんま、15分立っても、1時間立っても、固まったまんまになる。

CentOS、Ubuntuでも、普通に起こる。Reh Hatで起こる。
https://access.redhat.com/ja/solutions/3013991

#reboot 再起動を行った時は、よく起こり、#systemctl reboot とした場合は、再起動出来たりする。

なぜ起きるのかというと、リソース不足のマシンは、よく起こっている。メモリー容量、CPUのパワー不足。
サイジングに問題があるということだ。

ただ、クラウドで運用しているとか、共用マシンとか、ワンボードで、メモリも限られたマシンの場合は、それでも、なんとか、動いて欲しいから、OSのバージョンと、最小要件、システム要件を確認して欲しい。
この最低というのがくせ者で、OSが動いて、後、アプリが動くかというと、それも疑問になる。
linuxの場合だと、x86_64ではRedHat3 の場合 256MB 6以上だと、1GBで、論理CPUが増える毎に1GB推奨とされる。
https://access.redhat.com/ja/articles/1271503

メモリは、出来る事ならば、たくさん搭載出来るに超したことはないが、古い機材の場合だと、それが出来ない場合があるので、システムの構成、選定とかも、よくよく考えて行うようにしたい。

最悪の場合は、強制的に電源を落とすしか、、、になった場合は、データを消える可能性もある。
また遠隔地、デーセンター内に設置しているマシンだと、もっともっとはまる。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください