コンピュータ

リモートデスクトップ「内部エラーが発生しました。」

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

Windowsで、別のコンピュータにリモートデスクトップ接続した際に、「内部エラーが発生しました。」と表示されて接続に失敗する。

原因は、サーバ側のコンピュータの空きリソースが少ない時に起こる場合が多い。
リモートデスクトップの際、サーバ側ではリモートデスクトップに必要なメモリやディスク領域を確保しようとしますが、確保できない場合はエラーとなり接続を中断します。
サーバー側のメモリが不足したりすると、よく起こる。そんでもって、仮想マシンが止まっていたりするとか

メモリ以外だと、ネットの接続速度の問題でも起こったりした。遅いと起こる。

リモートデスクトップのエクスペリエンスのパフォーマンスで、低速ブロードバンド256kbps-2Mbpsに変更するとか
あと、パケットのMTUの値の問題。これ、あるある。

サーバ側コンピュータの空きリソースの少なさ
SessionImageSize値で確保されるメモリ領域の不足
ワークステーションPCのグラフィックスが高機能だと発生しやすい。

後、Windows Updateをサーバー側で、おこなって、再起動させている時とか、要は、つながらない時に起こる。WindowsUpdate適用中ってこと。
そういう時は、しばらく待って、と言っても、状況次第で、15分から1時間以上かかったこともあるが

遠隔地だと、祈るしかない状況に陥って困る。

自分で解決が困難な人は、カローヒルのサポートっていう手もあります。

https://www.kalowhill.com/index.php/support/contact

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください