FreeNAS VS XigmaNAS

FreeNAS VS XigmaNAS

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。

アスペルガー症候群ランキング

最近、FreeNASを再インストールする時にはまった事。
USBメモリーにインストールして、USBメモリから起動するようにしていたのだが
必要最低条件が、上がった感じ。まず、USBメモリーは、2ギガだとインストール出来ない。

最低でも4ギガ、8ギガは必要。そんでもって、メインメモリーの条件も、8ギガ以上になっていて、敷居が高くなっている。

で、FreeNASプロジェクトから派生したXigmaNASを思い出した。こっちは、FreeNASの昔9の時代のインターフェースのまんまで、サイズが小さい。

必要メインメモリーが512MBと、軽量になっている。ちなみに、Mariadbも入っていて、試してみたが、バリバリ使うというのではなくって

おまけで、動く程度って考えてないとタイムアウトになって、使い物にならない。当然、メモリも使うし、CPUパワーも食らう。

FreeNAS

XigmaNAS

  • 概要:FreeNASプロジェクトから派生したNAS用OS。以前はNAS4Freeという名称であった。
  • URL:https://www.xigmanas.com/
  • ダウンロードページ:https://sourceforge.net/projects/xigmanas/files/
  • ベースOS:FreeBSD
  • ライセンス:BSDライセンス
  • 最新の安定版バージョン:XigmaNAS 12.1.0.4.7091
    • XigmaNAS 12.1.0.4.7091のハードウェア要件
    • CPU:64 bit-CPU
    • メモリ:512MB以上
  • RAID対応:0/1/5/Z2(RAID 6に相当する機能)
  • Web管理機能:◯
  • 日本語対応:◯

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください