資格商法

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

厚生労働省がらみの天下りが行うので

資格商法があって

つまり、財団法人とか、社団法人をボコボコ作って
新しい資格を増産
いかにも、それを持っていたら、仕事があるような価値を創造する。
それが、価値を創造するならば良いが、ほとんどの場合は、錯覚に終わる。
実際の所は、その資格を持っていて、仕事があるかというと、ナシ。

役に立たない資格をジャンジャン使って、まぁ資格のコレクションっていう感じで、学校法人にも、天下って、若者を食い物にする。

そういうのを知らない若者は、いわゆる奨学金という名の学資ローンを借りてまでも、資格を取るために、学校に入るわけだ。

資格を持てば、仕事にありつけると、信じている訳だが。
天下りの飯のタネの餌食になる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください