FPって、やっぱ必要か

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

FPって、職場にもいるが。ファイナンシャルプランナーだ。
早い話が、お金の相談してくれる人で

私的には、お金の増やし方を教えてくれるのかと思っていたら、大間違い。
保険、生活費の見直しとか、誰でも出来る事を教えてくれる人達だ。

先日、お金の相談にのってしまって
私は、FPでもなんでもない。いや、FPは、試験内容は見たことがあるけど
興味がなくって、金融がらみの資格は、一通り調査したことがある。
なぜ調査したのかというと、お金を増やすテクニックを学べるのかと、勘違いしていた時がある。
どの資格も、公認会計士まで調査してみたけど、具体的に稼ぐ理論が学べる訳ではなかった。

本題に戻るが

60万ほど、楽天スーパーローンで借りて、給料が16万ほどで医療関係者だ。
年利14%だとしたら、利息が84000円一年間で
月16000円のペースで返済すると、38回かかる。

サラリーマンっていうやつで、どうも、このサラリーマンっていうのが、安定しているようで
ローン地獄にはまる業種だと思う。

理由は、固定的に安定して返済できるはずなのだが、なんかの拍子で、所得が減少すると計画通りに行かなくなって
まさにこれは、共産主義と同じ状態。いや公務員でも、カード地獄にはまるというわけだ。

どこからあたりから、やばくなるのかというと
返済が、所得の1割を超えたあたりから、苦しくなってくる。

なぜ、そんな目にあるのかというと、マネージメントに問題があるから

収入以上の支出をするからだ。
そんなんわかっているって思うけど

その彼女いわく、YOSHIKIのカードを持ったあたりから、高揚感で、じゃんじゃん使うようになったと
デザインを見ると、いかにも、ゴージャスな感じだ。

https://www.rakuten-card.co.jp/card/yoshiki-design-card/

それと、何に使ったのかというと、生活費で、引き出しは、ちょびちょぴ出したと。
カードローンにはまる原因になったのは、冠婚葬祭が続いたからと言っていた。

私の分析からというと、高所得の人でも、この借金の連鎖に陥る人が多くて、所得の大小にも関わらずマネージメントが出来ない。

このマネージメインの数式化で有名な人は、100ドル札のお札の肖像画のベンジャミン・フランクリンが考えたフランクリンシステムだと思う。これを紹介した本は、廃版になっているので、その詳細なやり方、考え方は、徐々に紹介したいと考えている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください