経済は、負債Debitで、回っている

https://www.j-fsa.or.jp/association/money_lending/you_know/q1.php

このデータが正しいとは、とても思えない気がするのだが
10人に1人が貸金業者のサービスを利用して

1人あたりの平均が1.5件、平均利用金額が48.3万円

サラリーマンの場合は、毎月入ってくるお金が、固定化していて
ボーナス返済をあてにしていて借金した場合、ボーナスが減額されたりすると
返済のあてが外れたりする。

そのおかげで、知り合いは、住宅を手放したいと言っていた。
サラリーマンだが、借りる時に、限界まで借りちゃったパターンだ。

金融機関は、所詮、他人事だから、限界まで貸す。理由は、簡単、手数料が、その方が大きいから。

それと、意外に、経済が二極化していて
お金がある人は、ありまくって
無い人は、とことんない。

どうも、考え方に問題があって、貧乏な人は、永久に抜け出すことができないと思う。間違っていて、その間違いを直さない、それと理論的に破綻しているが、本人は、気づかない、いや間違いを認めないからだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください