投資サイクルについて

最近、仮想通貨がメインでやっていて、どっちかというと、株式投資、FXなどをやったことがない人がいて、その人に相場の価格変動の原理原則を教えた。
つまり、トレンドの見方の基礎的な事を教えたのだが

すぐ聞いてきた、質問してきたことがある。

トレンドの見方と使い方は分かったのだが、見る期間、つまりサイクルは、どうなのかと聞いてきた。
これは厄介な話だ、投資する商品、例えば、FX為替、株式、それも日本株と、米国株によっても違うし、季節的要因と、需給で動いている商品相場も動くサイクルが違う。それは、どこから起きているのかというと、市場構造が影響している。
ので、即答は、困難だ。

通常は、期間は大きい方から、小さい方向について確認をする。
大河は、小さい川が集まって、大きくなるのと同じで、大きいトレンドに従って取り引きするのが望ましい。

ただし、これも問題があって
まず、トレンドが丁度切り返してしまうのに引っかかることがある。
そんでもって、長期で見る場合だと、当然、トレンドの転換にかかる値幅が必然的に大きくなる。つまりドローダウンが大きい。

こういう事を、前提に、投資システムを設計すべきかと思う。

すべてにおいて、最高の方法は、実は、存在しない。聖杯を探している人は多いが
未来は、不確実的で、絶対ということは、絶対ないということにつきる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください