コールの買いとプットの買いの両建てについて

日経平均オプションの初心者の知り合いが
コールの買いとプットの買いの両建てについて質問があっての回答

コールの買いと、プットの買いを両方同時にすると、確実に、損します。
それは、2つの原因で

まず価格変動で、両方のうちのどっちかは、確実に損失になります。
それと、セータ分、時間の経過が影響して

時間が過ぎるに従って、セータ分のプレミアムが剥げ落ちて
これまた、SQに近づくにつけて、やられる結果に

お金を捨てるのならともかく
お勧めできない戦法です。

私だったら、絶対にやりません。

プットの買いは、純粋に損害保険の買いと同じで
日経平均が下がる保険の購入と同じ意味です。

下がると、利益が出るわけで、機関投資家は、現物のポジションに対して
デリバティブで保険をかける場合
先物の売り
プットの買い
で、保険をかけます。

株式にしろ
相場の原理原則で

上昇より、落下の方がスピードが速いのです。
理由は、ザラ場のシステムにあるのと
売りが売りを呼ぶ展開になるのです。

チャートを見てもわかる通り
買いは、建設相場、売りは、破壊相場なのです。

手法と考え方にも寄りますが
単純買いだと

コール買い
プット買い

それぞれのメリット、デメリットもちろんあります。

それと、原資産の価格変動以外にIVの変動が大きく影響するのが
オプション取引です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください