Windows10 コンパクトOS

Windows10で、ディスクの使用量を削減するコンパクトOSの適用というのがある。

SSDで、起動する場合は、コンパクトOSになってない。

システムが圧縮されていて、ディスク容量が少なくてすむのだが、起動時に、圧縮しているOSを展開するので、CPUのパワーを使う。

無圧縮だと、8ギガが、5-6ギガぐらいになるので、ディスク容量の少ないタブレットや格安PCでは、ありがたい機能だ。

コマンドプロンプト (管理者)から

compact /compactos:query

と入れると、システムの圧縮状態がわかる。
圧縮する場合は

compact /compactos:always

圧縮したのを解凍する場合は

compact /compactos:never

とする時間が結構かかるので、電源の確保と、それなりの時間が必要。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください