Windows10 コンパクトOS

Windows10で、ディスクの使用量を削減するコンパクトOSの適用というのがある。

SSDで、起動する場合は、コンパクトOSになってない。

システムが圧縮されていて、ディスク容量が少なくてすむのだが、起動時に、圧縮しているOSを展開するので、CPUのパワーを使う。

無圧縮だと、8ギガが、5-6ギガぐらいになるので、ディスク容量の少ないタブレットや格安PCでは、ありがたい機能だ。

コマンドプロンプト (管理者)から

compact /compactos:query

と入れると、システムの圧縮状態がわかる。
圧縮する場合は

compat /compactos:always

圧縮したのを解凍する場合は

compat /compactos:never

とする時間が結構かかるので、電源の確保と、それなりの時間が必要。

投資におけるポートフォリォ論リスクとリターン編

「ポートフォリォ理論」は1952年マーコヴィッツ氏が提唱した理論で、証券投資の代表的な投資手法となっている。
分散投資を行うことで、投資家が抱えるリスクを少なく出来るという

ただ、このやり方で、株式投資をやってみたら分かることだが
今の市場は、平均株価が下がると、市場全体が下がるという、ほぼ9割近い銘柄の相関係数が高くなっている。
特に、暴落が起こった時は、それが顕著に起こる。

さらに、米国市場と相関しているのかというと、ここ最近1年間の相関係数は0.85、3年では、0.65で
相関係数が高まっている。

株式だけを見ると、そういう傾向が高くて、銘柄分散する事でリスクを低減出来ていない。
理由は、全部の銘柄が下がるので、買いだけの場合だと、リスクヘッジにならないのだ。

株式の価格の変動は、あがったり、さがったり、よく分からない動き方をする。
その理由を、ずっと考えていて、なぜそういう動き方をするのか、最近、分かったことだが
未来の価値は、分からないから、様々な要因によって、価格変動が起こるということ。

一方方向に価格が変動するパターンだと

TOBで買い付け価格が決まっている場合は、その価格に取引価格が収束します。
また上場廃止のパターンの場合だと、1円もしくは、合理的な水準に近いぐらい一気に価格収束が行われ

市場参加の全員が、その将来価格を知ってしまった状態になるからだ。

そこで、その他の金融商品を組み合わせるという方法でリスクを分散する事を考えて見る。

最近の私の投資手法だが、リスクの分け方

無リスク資産、一般的には、短期国債の利回りが無リスク資産、国債に準ずる物
価格変動資産 商品、株式などでトレンドを形成する物
減摩資産 時間が経過すると価値が失われる物 保険、日経225オプションなど

ジェームス・トービンが提唱した資産運用理論の中の「分離定理」で安全資産の保有比率で調整するのを組み合わせたやり方をしている。

どういうことかというと、無リスク資産で、安定的な利回りを確保
具体的にいうと、米国債ストリップス債2.8%とか、国内だと、信用金庫、信用組合の出資金投資4%で
ほぼ安定的な利回りを達成。

価格変動商品に関しては、トレンドを判断しての投資。

減摩資産、日経225オプションなどを活用して、少ない資金で大きい利回りを確保し、儲かった資金を無リスク資産に積み上げるというやり方をしている。

無リスク資産は、大きく儲かる事はない、代わりに大損することもない。
価格変動資産は、レバレッジをかけると、投下資金以上の損失が発生する可能性がある。
減摩資産は、買いの場合だと、ゼロになってしまう事もあるが、大きく儲かる事もある。

その勝率、確率を理解して、各セクターの資金配分を決定している。

資産運用の極意は、やはりリスクを取らないことにつきるような気がするのだ。

交通指導取締り強化日

交通指導取締り強化日って、警察の方針というか、強化して、取り締まりするんでっていう予告。全国の各都道府県の警察のホームページで、一応、事前予告されている。

大阪府だと、こんな感じ

https://www.police.pref.osaka.lg.jp/kotsu/torishimari/6154.html

つぅことは、普段は、あんまり、歩行者妨害などは、取り締まってなくって
この日に限って、集中的に、チェックするようだ。

しかも、スピード違反の取り締まりの集中日っていうのもあったりする。

借金王

小渕恵三前首相は1999年11月12日、松山市で開かれたシンポジウムで
「世界一の”借金王”にとうとうなってしまいました。600兆円も借金を持っているのは、日本の総理大臣しかいないんですよ」と発言した。
愛媛県は、今まで、総理大臣が出たことがない県民で、のどかな県民性もあるので
本当の事を言っても、笑って許して貰えるのかも。

冷静に見ても、借金しまくった原因は、役人に問題あり、そんでもって、借金を将来に付け飛ばす。
政治家は、人気商売なので、国民に痛みを求めると、選挙で当選出来ない。

役人が、どう問題なのかというと
サハラ砂漠の砂を役人に管理させると
あっという間に砂が無くなるだろうと言った経済学者もいる位

予算を限界まで、使い切って、赤字にするのは、どの時代、どの国も似たような感じになっている。

まだまともなのは、香港、シンガポールなどの旧イギリス圏ぐらいかも。
イギリス本国は、社会保障が破綻しているから、そういう悪いところは、よく学んでいると思う。

従って、裏では、おかしいと分かっていても、国民に取って、選挙の時だけ都合の良い事を言い続けて
問題は、可能な限り、限界になるまで、先送り作戦するしかないのだ。

本当のことをいうと、選挙にならないから、当然だろう。

このあたりは、イスラム教も似ている。
偶像崇拝の禁止を言いながら、イスラム信者が95%もいるエジプトは
スフィンクスとかあるし。

先送り作戦も、限界っていうのが、当然あって、いずれ破綻する訳だ。
その破綻する時に、何が起こるのかというと

力づくで、国民の財産を奪い取る、もしくは、海外の資源を武力で獲得するということが行われる。

借金によって、太平洋戦争が起こり、日露戦争のポンド建ての日本国債は、1986年にようやく完済した。
関税収入を担保として借り入れを行いました。支払いが滞れば関税を差し押さえられるという条件だったのです。
当時の楽観的な「見積もり」でさえ、返済には60年の歳月を必要としていました。
そして、太平洋戦争という膨大な犠牲を生み出し、実に返済には82年の歳月を必要としたのです。

終戦後、米国は同盟国に戦争賠償金を課さないことを呼びかける一方で、結局、しっかり昭和の終わりまでかけて金利を加えて日本から借金を回収

真空管

STAXのヘッドホンを使ってかれこれ2年以上経って
ようやく、音が、良くなってきた。

コンデンサ、静電方式って、

新品の間は、音が軽かった。ペラペラって感じで
それでも、音は、他の方式よりは、良かった。

ヘッドホンのアンプは、真空管

1883年 真空管は、エジソンが電球で、色々実験をしていて、発光して熱せられたフィラメントから電子が放出されることを発見し
この現象をエジソン効果、この電球をダイオードと名付けたわけだが
エジソンは、これが、何に応用できるのか、分からなかった。

1906年 フランスの物理学者ド・フォレはフィラメントと電極の中間に網状の別の電極を取り付け、この網電極の電圧を変えることで、電極→フィラメント間の電流を制御できることを発見
三極管の発明となった訳だ。

使うと欠点が見えてくる。
真空管が暖まるまで、使えないと言っても、1分もかからないが、冬場は長い。
発熱が、凄い。ヒーターで暖めているから当然。

後、外部振動に弱い。振動を拾って音が聞こえます。
普通は、振動させるような設置するのが、間違っているのですが

大昔のブラウン管テレビって
電源を入れても、なかなか画面が出るのに時間がかかりまくったのを思い出す。
ブラウン管でも、短時間1分以内に画面が出るようになったりして感激したり
後、テレビが今何チャンネル映っているのか、画面上に出るようになって
すご過ぎると感動。今となっては、バカバカしい話だが

アスペルガー症候群と安息日

安息日を守ること

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%AE%89%E6%81%AF%E6%97%A5

つまり、金曜日の日没から、土曜日の日没までは、何も仕事をしてはいけない日。
アブラハムの宗教、ユダヤ教、キリスト今日、イスラム教はそうなっていて

ユダヤ教は、厳格だか、キリスト教は、重視される程度

アスペルガー症候群って、ルールは、絶対的なので、ユダヤ教的だと思う。
でも、相場に関しては、絶対的ルールと、想定外が起こった時に柔軟な対象が必要だと思う。

ADHD

ここ最近、やばいなって思うのが
最近2人から言われたことで

話が、メチャクチャ飛びまくるって
早い話が

ADHD(注意欠如・多動症/注意欠陥・多動性障害)

これは、私自身が、やばいなって思う事があります。
芸術は、爆発という訳ではないけど

いっぺんに色々なアイデアが湧き出す時があるのです。
水瓶座生まれで、こんこんと湧き出る水のごとく
って感じ

まぁ、色々なアイデアがあるのは良いことなんですが
爆発状態で、一歩間違えれば、頭がおかしい。いや、そうかもしれません。

で、話が、飛びまくって、話にならないのです。
最悪な事は、3つの話が同時進行する事も
話が、パラレル、パラレルワールドなのです。

アスペルガー症候群と、ADHDの両方って
ルートヴィヒ・ヴァン・ベートーヴェンがそうですが
私と似ているのが、不器用。
ヒゲを剃ると必ず切り傷ができたりする。

そんでもって方向音痴すぎて
職場でも、何階にいるのか、わからなくなることがある。

シャーペンの芯

シャーペンの芯

またまた、これで悩むことで、寝れない。
こりゃ本当に病気だと思う。

というのは、0.3mm か 0.5mm か 0.7mmか、そんでもって、0.9mm 0.2mm という選択肢も

私の所は、メチャクチャ種類があって
職場の近くの文房具屋を既に超えている種類がある。

かなりやばい状態になっていて、記載する内容によって使い分けている。
グラフとか精密な物は、0.2mmとか

田舎にいた時は、0.5mmの一択で、そもそも田舎は、0.5以外は売ってないし、入手が困難。

最近の若者は、0.3mmを使うらしい。0.5mmを使うのは、昭和世代らしいのだ。
老眼で、細い線が見えないから

0.3mmだと、細くて書きやすいが、折れやすい。
そんでもって、値段が高い。世界的に、日本は、0.3mmが普及してきて、やはり精密な日本人らしいのかもしれない。

そんでもって、コストパフォーマンスからいうと、0.3mmは悪い。
同じ値段で0.5と0.3では、本数が少ない
0.5→40本入り
0.3→15本入り

ちなみに、ヨーロッパは、0.7mmの普及率が高い。アルファベット圏では、0.7mmのペンシルがスタンダードになっている。
漢字の場合は、同じ面積に、沢山の情報を書き込む訳で、細い線

0.9mmは、速記用のプラチナ プレスマン
これは、電話の内容を書き留めるのに便利

https://amzn.to/2UtKK2T

芯が太いし、スプリングがついていて、折れにくい
そんでもって、芯の長さが長くて、交換回数が少なくて済む。

涅槃金

ねはんきん
僧が行脚に出るとき、病気や不慮の死によって他人に迷惑をかけないため、予め袈裟文庫の中に入れておく若干の金銭。葬式をするための金。

相場は、1000円らしいんだが
一人暮らしだと、50万円ぐらいが必要かもしれません。

というか、一体、一人暮らしで、老後を暮らすには、いくらあればいいのわからないのと、不安ですね。