統計に問題あり!?

統計データって、その発表者の都合の良い情報に歪曲される場合が多い、企業とかの組織、政府発表とかはそういう傾向が高い。

最近の気になる統計発表で
消費者金融の会社、プロミス、SMBCコンシューマーファイナンスが発表していたデータで、30代、40代の貯金が0円が2割

http://www.smbc-cf.com/news/news_20190306_944.html

https://news.mynavi.jp/article/20190307-784722/

これは、怪しい。
消費者金融を正当化するためのグループで説明する為の資料なのかって思う。

職場でも、金融の知識を向上させようとする人は、実は皆無で
だから、お金がないって思うのだが
学ばない者は、明日がないって思うのだが、余計なお世話なんだろう

投資をやっている人を見ると

雰囲気で株をやっている人もいたり
大抵は、過去の価格からの値ごろっていうのが投資判断になっているようだ。
あと、株式投資での、ニュースでの暴落したやつの逆張り買い祭に参加するとか

要は、あんまり、考えてないのかって思う。
そのあんまり考えてないっていうのが、アスペルガー症候群的には、怖いって思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください