金融の恐ろしい側面

金融の恐ろしい側面

金融の知識が無い人
お金が無い人に借金をさせて
搾取するのが基本で

弱い者から、吸い上げるっていうのが
金融システムだと思います。

最悪な事に、その資本主義というマネーの価値を信じる
国家ぐるみの宗教的システムのおかげで

激しいマネーの獲得競争が生まれ
獲得するためには手段を選ばない社会になります。
嘘、倫理的、道徳的に問題がある行為でさえも、儲かるためだったらアリとなるわけです。

資本主義は、労働者と、搾取する資本家及び国家の支配層の二つに分かれており

稼ぐ人 労働者
使う人 公務員、政治家、支配層

の二つに分かれているため、使う方は、予算限界まで使い切ります。
しかも無くなったら、国債などの借金をしてまでも浪費して
税として、稼ぐ人に負担をさせるというわけです。

更に複雑になるのが
資本家とされる。労働者を支配される階層が更に物事を複雑化させています。
資本、株式、債券を通じて、金融を供給するのですが
求めるのは利潤、利益です。

東西冷戦が終結して、インターネット時代で、国境のボーダーラインが下がり
比較的自由に、物と人が、国境を行き来する時代になって

使う人 支配層が、自分たちが支配している土地から、外に、巨額な資金が移動してしまう事に
警戒しています。

この資本家が、力を持ってきており、資本家になりたがる労働者が増加するということ。

最悪な事に、金融商品の仕組みを中途半端に理解した人が
借金をしてまで、資本家になろうとする事案が増え
それをカモル業者、不動産投資が流行ってきています。

後、FXで借金するというのは、ちょっと違っていて

借金したお金、フリーローン、消費者金融などの借り入れ
その資金で、FXをやった結果、損をしたという事。

FXをやったから、借金になった人ではなく
最初に借金をしたお金で、FXをするというパターンになっています。

更に、そういう人は、思考が、FXは、絶対に儲かるという、洗脳になっていて
複数の会社から借り入れして多重債務に陥っているにもかかわらず
更にFXで借金返済をもくろむことになって、行きつくところまで行くのが
おきまりのパターンのようです。

普通に考えたらわかることなのですが
FXで儲かるのだったら、借金してまでやるのは、おかしいことなのですが。

http://fanblogs.jp/sengyoufx/

http://amenotiyukidaruma.blog.jp/

2月日経平均

日経平均は、一目均衡表の先行スパン1が売り場となったようだ。これは、12月の時のパターンと同じになっている。

注目していたのが、75日平均移動線 21185円なのだが
その値位置まで戻らず
下げで、25日平均 20536円も割り込んで弱気継続という感じになっている。目先18000円割れの17000円を目指す展開になる感じ。

また機会があれば宜しくお願い致します。

これ、社交辞令で言う人いますが
アスペ的には、最悪です。

相場をやっていてもそうですが、そういう機会、タイミングは、二度と来ない。
一期一会なのです。
「何かいい儲け話があったら、俺も混ぜてくれ」ということの布石で「何か」をもらえることを待っているだけ、という人は、このセリフを使うのです。

私の分析では、複数兄弟の末っ子が、こういう発言多い。
理由は、上の兄弟の顔色を伺っていて、美味しい話には、おこぼれに預かりたいって感じ。道は、自ら、切り開かなくてはならない。(第一子、長男、長女の思想)から大きくずれています。

それと、アスペ的に最悪だと思うのは、この言葉は、大抵は、予定の変更の後にくるパターンが多いからです。
わざわざ予定を開けているのに、ふざけている、いや、ふざけるな!!です。

相場をやっていて、市場って、予定通りに動きません。当たり前ですが
だから、面白いのでしょうけど、実社会で、予定変更された場合は、二度と、その人との約束事はしたくないと思うのがアスペルガーなのです。

田舎は、アスペルガーにとって、予定通りに、いかない場合が多いので
ハラハラドキドキして、ストレス感じまくる所もありますが
のんびりしていて、ストレス解消もあります。

成功者の思考

思惑で、挑戦、行動することが
思考、創造を、現実化する
成功者になれるのかの違い。

後、間違っていた、思惑通りでは、なかった時の
すぐ辞めること。損切り

この二つにつきます。
行動力は、確かに重要ですが、失敗はつきものなので、損切りも重要です。
辞めるという行為は、自分の考えが間違っていたということなので、受け入れるのが難しい人が多いが、世の中に絶対ということはありません。
未来は、誰にも分からないと言うこと。
行動する者だけが勝者になれるということ。
行動しない者は、未来は、ないということでしょう。

それと、あきらめず、何度も挑戦し続けることが
発明、発見、投資での成功している人は、そんな感じです。

FXのスワップ投資で、思うこと

スワップ金利の受け取りは、プットオプションの売りの保険料みたいな感じになっていて
たまに大きく変動した時に、大損する。
プットオプションもそうだが、両方ともレバレッジがかかっているから。

オプションもFXも、原資産の値動きを見ていて
流れトレンドに逆らうと、損失がでる。

どうして損失が出てしまうのかというと
価格変動、ボラティリティに負けてしまい
レバレッジがかかっている分、価格変動に耐えられなくなるから
投下資産以上の損失が発生するということにつきる。

この手の取引の特徴は

毎日、コツコツ儲かっていて
最後に、大損する。いや、大損した所が、最後になると言うわけだ。

保険の売りつまり保険引受は、そんなもので
世界最大の保険を扱っているロイズ・オブ・ロンドンでさえ2回もそういう危機になっている。
温暖化の異常気象、アスベスト問題

金融システムを見ると、最近、そういう保険引受を
金融の知識がない人に分からないような感じで嵌め込む金融商品が多い。

例えば、EB債、デジタル・クーポン債しかも、銀行が売ったりしている。

https://www.mizuho-sc.com/information/pdf/1_225.pdf

なんてことない、プットオプションの売りなので、大証で、プット売りの方が、実は受け取り利回りが高い。

為替の場合の金利も、各国の信用状況などで、高金利通貨になっている場合が多くて
信用が低いから、金利を高くしなければ、資金が集まらないとか
そういうのが保険料みたいな感じになっている。