また機会があれば宜しくお願い致します。

これ、社交辞令で言う人いますが
アスペ的には、最悪です。

相場をやっていてもそうですが、そういう機会、タイミングは、二度と来ない。
一期一会なのです。
「何かいい儲け話があったら、俺も混ぜてくれ」ということの布石で「何か」をもらえることを待っているだけ、という人は、このセリフを使うのです。

私の分析では、複数兄弟の末っ子が、こういう発言多い。
理由は、上の兄弟の顔色を伺っていて、美味しい話には、おこぼれに預かりたいって感じ。道は、自ら、切り開かなくてはならない。(第一子、長男、長女の思想)から大きくずれています。

それと、アスペ的に最悪だと思うのは、この言葉は、大抵は、予定の変更の後にくるパターンが多いからです。
わざわざ予定を開けているのに、ふざけている、いや、ふざけるな!!です。

相場をやっていて、市場って、予定通りに動きません。当たり前ですが
だから、面白いのでしょうけど、実社会で、予定変更された場合は、二度と、その人との約束事はしたくないと思うのがアスペルガーなのです。

田舎は、アスペルガーにとって、予定通りに、いかない場合が多いので
ハラハラドキドキして、ストレス感じまくる所もありますが
のんびりしていて、ストレス解消もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です