一陰介在五陽連

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

「一陰介在五陽連」一目均衡表の考え方で、6営業日の日足で陽線が5本出現して1本陰線が介在する。
9月上旬の日経225先物のチャートが、まさにこれ
8月27日から、陽線の連続出現、そんでもって1日だけの陰線
基準線、転換線のゴールデンクロスときて、強い波動になっている。

相場は、儲かる人と、損する人がいて、初めて成立するが、一体誰が損をしているのか内部要因を分析すると
国内の大手銀行が4兆円弱のベア型投資信託、インバース型を保有している。
最初、個人投資家のインバース投資かと思っていたが、違っていた。
5日の日経平均の大幅上昇と、長期金利の上昇は、このベア型が影響。
日銀が10月24日に公表した金融システムリポート

https://www.boj.or.jp/research/brp/fsr/fsr191024.htm/

23ページに「大手行では、引き続き株式投資信託に関して厚めの残高を維持しつつも、債券や政策保有株式等の評価損益を管理するための『ベア型』の投資信託を積み増す先がみられ、足元の残高増加のかなりの部分を『ベア型』が占めているとみられる」と記され脚注には「投資残高ベースでは、『ベア型』は大手行の投資信託残高の約5割を占める」との説明

日銀によると、19年8月末の大手行の株式保有残高は約6.4兆円。

大手銀によるベア型投信解約による「上げ効果」で5日に401円上昇。
6日は、円債市場で長期金利が一時、マイナス0.075%まで急上昇

株式の短期的な急騰を受けて、リスク調整のため大手銀行が長期国債を売却し、その影響で金利が上昇した。

11月になって、銀行は、株価落下に備えたベア型投信の保有で、株式と債券の両方で、損失リスクが拡大してしまう結果になっている。

短期的な株価上昇が起こると、ベア型投信の解約が続くと思われる。

日経225オプション11月限を振り返って

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

 コールは、やらないと、かたくなに決めていたのだが
 
コールの23500円などは
2円がたった一日で60円 30倍

これは、エグい相場だ。

100万円の投資だと、一日で3000万円になる。
デリバティブは、恐ろしい。
 
9月4日コール22500円は、17円だったが850円つける展開
これも50倍近くって

金融商品だと、やっぱ、先物超えて、オプションの破壊力は、凄まじい。
 
一晩で、大金持ちになれる可能性を秘めた悪魔の金融商品だと思う。

水星逆行

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

2019年11月1日 金曜深夜0時40分から、蟹座を運行中の水星が逆行を開始
蟹座27度から11度付近まで逆戻りして、順行に戻るのが11月21日木曜日深夜4時10分

水星逆行時は、金融占星術では、テクニカルの騙しになる場合が多い。

http://www.ascendant.jp/Astro/_userdata/AC2019.pdf

長期国債先物のトレンド

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

ここ最近、気になるのが、長句国債先物がトレンド転換したのではないかという
チャートになっている。

つまり、下げに入って、価格自体は、ダウントレンドだが、価格が下がるということは、金利が上昇するということだ。

損害保険業界の社会的責任・役割を放棄した内容

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

台風19号の接近に伴う火災保険の加入規制について

保険会社からは火災保険の風水災事故の補償を目的とした、駆け込みの新規加入についての規制

日経平均のオプションは、いつでも、こういう事が起こらない。
好きな時に、買えるのが良い。

2019年10月頭暴落

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

日経平均株価先物60分足での説明

9月27日4時の21990円の高値を
10月1日17時に22030円で更新。
つまり、22000円の切り数を抜いて
 
強気になった所に
23時で急落。
 
それでも、9月30日14時の安値21650円は死守
 
10月2日16時の夜間取引で、あっさりその安値をも、切って暴落。まさに、戻り待ちに戻りなしのパターン。

2019年10月の日経平均先物の動き

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

ここ最近の日経先物の動きで、去年から変化したことだが
まず、動きが、早くなった事。タイミングが、早くなって

戻り待ちに、戻りなしの展開。

それと、テクニカル分析での、パラメータにも変化が起こっている。
カウンタートレードが有利になって
つまり動きに先行しての逆張りをしないと、儲からなくなっているということ。
難易度が、更に高くなっているということに尽きる。

フィスコの投資情報誌『FISCO 株・企業報』の最新号Vol.8が発売中です。

こちらも参加していますのでよろしくお願いします。


アスペルガー症候群ランキング

フィスコの投資情報誌『FISCO 株・企業報』の最新号Vol.8が発売中です。

韓国経済の”いま”とは?未来の日韓関係とは?

韓国の経済、安全保障、そして輸出規制の「いま」を徹底分析し、今後のシナリ
オを4つ提示することで、未来の日韓関係と世界に及ぼす影響を考察しています。

自衛隊・元統合幕僚長である岩崎茂氏のインタビューも掲載!
また、中国研究の第一人者として著名な遠藤誉氏の特別寄稿も。

発売から4カ月で最大84%まで上昇した実績(前号実績)を持つ、
成長期待高まる注目の50銘柄も紹介しています。

申し込みサイトはこちら。
https://amzn.to/2m6bTsT