日本のアルゼンチン化

日本は、アルゼンチン化してきたなって思うのが
年金

アルゼンチンは、経済危機の時に
年金を使って、株式の買い支えをやったが
経済破綻してしまった。
2001年債務不履行
2014年債務不履行
って感じで、破綻癖がついてしまっている。

ヘッジファンドという高利貸しから借金の返済を迫られて
計画的債務不履行っていう訳だ。

更に100年物B級債を発行して、もはや、最初から、返す気なんか、サラサラないって感じ。

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-01-05/2019010501_03_1.html

日本の年金は、株式の買い支えで、過去最悪の14兆円近い損失を出しているようだし
急速に、財政、経済が悪化してくるのかもしれない。
どうも、政治、行政を見ていても、自分達の任期の時、やり過ごせばいいっていう感じで
問題を先送りしつづて、何の改革もしてこなかったのが、いつ弾けるかだろう。

今の役人は、自分達の利権を離すことは、絶対ないので
結局は、行き着くところまで行くしかない。

https://www.imf.org/en/Publications/FM/Issues/2018/10/04/fiscal-monitor-october-2018

日本全体の純資産は、ほぼゼロだが

IMF国際通貨基金は、日本のGDPを今後40年で25%以上減少するだろうと予測しているが
GDPの3%程度の利益を搾り出すことができれば、先進国が徴収する法人税と同程度の歳入になるので
日本の場合は、お先真っ暗状態というわけだ。

IMFのレポートを見て、消費意欲の後退で、成長が落ちたとか
2019年には、消費意欲が増加して、改善するとか
何を根拠にしているのか、全く書かれてなくって、証券会社のはめ込みセールスみたいな内容になっている。

最強のお祈り投資法

1月3日に為替が、急な円高になったおかげで

FXのトレーダーの某氏は
今年の目標「損を取り戻す」が、出来たといっていた。

FXって、ポジションを取ったら、ひたすら
お祈りをするらしい。損をしないように、お祈りするらしいのだが

そのお祈りの仕方を聞くと

世の中のありとあらゆる神様、仏様、キリスト様、マホネット様
なんでも、かんでも、すがりたくなるらしい。

そのお祈りの仕方も、流儀っていうのがあって

ドル円の場合、ユーロ円、トルコリラ円とか、色々な組み合わせで
効果があるお祈りっていうのが、存在するらしいが

私のお勧めは、勝軍八幡神社 かちいくさはちまんじんじゃ が、最強のような気がする。