マウスの寿命についての考察

マウスがおかしくなるのは、大抵は、ボタン。
1回クリックがダブルクリックになったり
クリックして範囲指定が、おかしくなるとか

マウスがチャッタリングを起こす。

このマウスの寿命、特にスイッチの寿命は

マイクロスイッチ オムロン D2F-01F
電気的耐久性: 10万回以上(30回/分)
機械的耐久性:100万回以上(60回/分)

1分間に1回クリックして、毎日8時間使うと

10万回/60分/8時間/365日 = 0.57

電気的耐久性は、1年も持たないということになります。

で、マウスを修理する場合は、マイクロスイッチを、接点復活剤を使う。

https://amzn.to/2IkqKWi

マイクロスイッチ自体を交換する

https://amzn.to/2txbz6K

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください