MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

FreeBSD で、2テラバイトのディスクを使う。

| 0件のコメント

普段、大容量のハードディスクを構成する例って、実はあまりない。
FreeBSD11のインストラーのデフォルトは、MBR(Master Boot Record)で
これは、2テラバイトの制限があって

ただなんとなく、5テラバイトのハードディスクに、MBRを選択しちゃった場合は、どうなるんだろうっていう疑問から、その結果を記録しておきます。

この状態で、そのまんま、エンターキーを押しちゃったら

こうなってしまいます。わかりやすくいうと、やはり2テラバイトしか使えません。

従って、2テラバイト以上のハードディスクは、GPTを選択しないとだめです。

FreeBSDとWindowsの違いなんですが
Windowsだと、GPTのドライブからブートするには、マザーボードが、EFI(Extensible Firmware Interface)でないとだめですが、FreeBSDではBIOS経由でもGPTのドライブからブートできるようです。

こんな感じで、5テラ全部使うことができます。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。