MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

今日の記事の補足説明

| 0件のコメント

というか、添削だな。

【FISCOソーシャルレポーター】MASAOKA:りんごは、樹から落ちるのか!?

https://news.finance.yahoo.co.jp/detail/20170612-00935053-fisf-stocks

https://web.fisco.jp/FiscoPFApl/NewsDetailWeb?nwsId=0009350020170612053

なんとか、今回は、採用されましたが

内容的なことで、一言。

まず、私が、アップルって書いたのは、実は、理由がある。
それは、市場を牽引した銘柄。つまり、最も下がった銘柄が、アップルなのだ。

フェイスブック(FB) +0.02%
アマゾン(AMZN) -0.49%
アップル(AAPL) -1.36%
マイクロソフト(MSFT) -1.27%
アルファベット(GOOGL) -0.42%

従って、アップルが、市場の暴落の主役で、引き金をひいた感じになっている。
日本株でいう所の先行銘柄っていうやつ、下げの場合は、ありがたくないけど
そういう感じになる。今年だと、トヨタショック、アステラスショックってな感じ。一応、こんなことを言っているのは
私だけだろう。

ハイテク銘柄が、暴落しているのは、誰でもニュースをみりゃ分かるだろう。

でも、犯人は、誰なのか、誰が、その原因を作ったのかということと、どの銘柄が、触媒になって
市場が反応したのかっていうこと。

市場は、連鎖反応的に、投資家の不安が、駆け巡り、暴落のきっかけになる。

取り付け騒ぎと似たような物だ。狭い出口に、皆が殺到して、恐慌状態、つまり金融危機になってしまうということだろう。

市場は、心理で動いていて、期待で買われて、恐怖で、売られるということ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。