MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

人工知能とディトレード (2)

| 0件のコメント

前回の続き

人工知能とディトレード

ディープラーニングとか、解析ツールで
プログラムなしで、解析出来るプラットフォームと言えば

H2O っていうのがある。

Javaで、スタンドアロンで実行とか
R、Python、hadoopからもいけて、大規模な計算もOKしかも計算にGPUを使えたり
初心者向けで、ちょこっと試して見るにはお勧めかも。ただし、日本語の情報が少なくって
英語の説明を読むハメになってました。

ダウンロードは

https://www.h2o.ai/download/

から行けます。

Download H2O Latest Stable Release

をダウンロードして、ファイルを解凍します。

http://docs.h2o.ai/h2o/latest-stable/h2o-docs/flow.html

Javaが必要です。
私が試した環境は、Windows10 64ビット版
最近版のJava8でもいけました。
後、MacのSierraでも、問題がなく動作しました。

ダウンロードしてから、zipファイルを解凍して
その中のh2o.jarを実行します。Windwosだと、javaがインストールされているマシンで、マウスでダブルクリックで良いです。

コマンドプロントで、実行する場合は

java -jar h2o.jar

です。

このまんま待っていても、何も起こりません。

次は、ブラウザーを立ち上げて
http://localhost:54321

にアクセスします。そうすると、以下の画面がでます。

でたら、成功です。

先日、作った.csvファイルを読み込んでみます。

importfilesを選択して cvsファイルを選択し、importボタンを押します。

こんな感じです。

そして、Actions Parse these files をクリックします。

DateをStringに設定して
下のParseを押します。

そうすると

下のViewを押します。

データのインポート完了です。その3に続く

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。