MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

HSBC SG Security Deviceの交換手順

| 0件のコメント

HSBCのシンガポールは、セキュリティデバイスが無いとログインができない。
bAtt 00 って 表示がでたら、やばい。

こんな感じ。

大抵は、3-4年ぐらいは持つらしい。

某氏のために、メモ書き

交換方法は、用紙に記入し、署名してから、FAXか郵送する。受領してから、2週間以内に到着するように発送される。

http://www.hsbc.com.sg/1/PA_ES_Content_Mgmt/content/singapore/personal/forms/pdf/rep_pin.pdf

交換理由が、電池切れの場合は、費用負担はない。

送付された新Deviceで、再度Setupが必要になる。

Setup でログインすると、UserIDとパスワードが設定され
新Deviceのシリアル番号、デバイスの裏に書かれている。
と、それで生成されたコード番号を入力する。

完了すると、SMSも送信されてくる。

香港の場合だと、古いデバイスの、シリアル番号と、それで生成されたコードも必要なのだが
シンガポールは、古いデバイスの情報を要求されないようだ。執筆現時点での話。

ちなみに、古いデバイスが、完全にダメな場合は、書類で、アクティベーションしなければいけない。

 

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。