MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

パスワードがわからないMacにログインする方法

| 0件のコメント

Macは、簡単にパスワードをリセットできる方法がいっぱい用意されている。

パスワード復旧アシスタント

ログインパスワードの入力画面で、1分ほど待つと、以下のメッセージが表示される。

パスワードの入力で問題がある場合は、Macの電源ボタンを押したままにしてシステム終了してから、もう一度押して復元用OSで起動してください。

その通りにすると、パスワードをリセット アシスタントが起動される。

復元キーか、Apple ID が必要になる。

両方ともない場合は、以下の方法

option + command + Rキーを押しながら電源ボタンを押し、Macを起動しリカバリーを立ち上げる。

起動したら、ユーティリティからターミナルを選択し、ターミナルを起動する。

ターミナルが起動されたら

Resetpassword と入力する。

そうすると、ユーザアカウントを含むボリュームを選択してください。
とでるので、MacのOSがインストールされているディスクを選択する。
その下で、リセットしたいユーザー名を選択
パスワードと、ヒントを再設定する。

完了したら、保存してから、アップルマークから再起動を選択する。

これで、再設定したパスワードでログインができるようになる。

後、再起動後に、ログインキーチェーンのロックを解除できませんでした。っていうメッセージがでてくるが、キーチェーンパスワードをアップデートっていうのを選択する。

後、command + Sを押しながら電源を入れて、シングルユーザーモードで起動してから
パスワードを変更すると言う手もあるが

コンピュータのセキュリティって、一体なんなんだろうって思う。
知識のある人からいうと、無意味になってしまい、それを知らない人は
パスワードかけていたら大丈夫だと、過信してしまう。

パスワードがかかっていても、無効にできる手段が存在するということと

国家情報機関は、そういうのを知っていて、情報を抜き出されるということだろう。
国税、検察、警察あたりは、そんな感じ。役所の中は、そんな感じ。

でも、医療情報を扱っている連中は、ドアに電子ロックをかけまくりで
患者のデータを守るより、自分達を守る為に、電子錠をメチャクチャかけまくっているのではというような感じになっている。

秘密にしなくてはいけないことって、なんなんだろうって思うが。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。