MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

7がつく年の5月相場

| 0件のコメント

チャートは、日経平均の月足チャートだが

毎年5月になると、連休明けに、株価が、暴落するという話が囁かれるが、統計的には、当たっている。
米国市場の相場格言で、Sell in May 5月に売れっていうのがある。

ただし、7が、後ろにつく年は、別だ。というのは、10年前の時に、京都の知り合いと話ししていたのを思い出す。
当時、アメリカの不動産が、どうもおかしいっていう話がでていた。NHKが、個人破産・アメリカ経済がおかしいという番組をやっていて

https://youtu.be/FTCwoFNvY_Y

2007年の春前から、下がるんじゃないかと、身構えていたが、個別株は、下がるどころか上昇。チャートをみたらわかるが、7月の頭まで上昇している。
ちなみに、2015年の時もそうだ。1987年のブラックマンデーの時も、夏場は相場が上昇して

つまり相場が行き過ぎちゃって、オーバーシュートしちゃったって感じ。

S&P500の空売りの入り具合と、4月第3週の株価の上昇は、現物株を買い上がった外国人凄かった。+2770億円
個人は、-883億円の売り、そんでもって、個人は、先物も売りで、ここから、さらに吊り上げられてやられるんだろうなって思う。

この7がつく年の相場パターンは、上昇してから下げるパターンしかも、普通の年とは違う動き方をする傾向が高い。実際、過去40年4回検証しても
夏上昇している。その原因は、6月から7月にかけて米国市場が上昇する傾向が強いからだ。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。