MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

心霊現象と金融は、似ている!?

| 0件のコメント

先日、没った記事

職場が、新しい所に移転されて、リセットされてしまったことで、心霊現象が、リセット状態になった。
そもそも、その現象が起こるのかというと、私自身は、まだ体験してない。

古い職場は、50年以上経過する建物で、いかにも、幽霊が出そうな感じの所が、何カ所もあって
昼間から出る所も何カ所もあった。まぁ、何人も幽霊を見ている場所もあって

心霊現象マップっていうのを作っていた。職場は、病院の中だから、そういう、早い話が、噂
科学的根拠がない話っていうやつを信じている人もたまにいる。私は、信じるかどうかは、別にして話的には、面白い。

ただ、スマホが普及したあたりから、皆がカメラを持ち歩いているハズなのに、未だに幽霊の写真は撮れず状態だ。

金融市場も、心霊現象ととても似ていて、相場と幽霊は、さみしい方向にでるという格言するあるし金融の成立は、人間が、価値を信じること、欲しい人がいっぱいいることで価値が成立しているのだ。

だから、この幽霊がいるというのも、信じる人がいることと、実際には、起こらない噂っていうやつも重要だ。
相場格言でも、噂が買って、事実で売るというのもあるぐらいだ。

その幽霊話を検証しても、いかにもでそうな場所って存在して、私が、絶対に行きたくない、いや何年もいて、最後の最後まで行かなかった、行きたくなかった場所って2カ所あった。

1カ所目は、地下の洗濯している場所で、最初、通ったら、それは、絶対に何かいるかもっていう、霊気を感じた場所で、その入り口あたりが、昔、解剖していたっていう話で
とにかく、昼間でも、絶対に、通過さえ、怖い場所で、結局の所、わざわざ、そこを通らないように、遠回りをしていた場所。

2カ所目は、6階の昔のカルテを保管してい場所で、秘書さんの間では、昼間でも、出るっていう話で、絶対に、一人ではいかない、いや行けないって言っていた。
その幽霊を見た人の話によると、紙のカルテとカルテの間から、人の目がこっちをじっと見ているっていう話で、6階に行くのが、怖くて
とにかく、近づいては、行けない場所で、結局行かずじまい。6階は図書館もあるのだが、その昼間っから幽霊がでるという与太話のおかげで、近づいてない。
君子危うきに近寄らずだ。

ちなみに、普段、私が座っている場所の一メートル後ろで、人が倒れて亡くなったのだが、まぁ病院だと、たくさんの人が亡くなるし歴史があるとそんなもんでしょ。
それで、何か起こるのかっていうと、何も起こってない。幽霊のおかげで、何か、悪さが起こったのか
ホルスターガイスト現象っていうの、今のところ、これと言った被害がなくって

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9D%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%83%88%E7%8F%BE%E8%B1%A1

幽霊より、生きている人の方が害になる場合が多い。

そんな訳で、職場の場所が移転して、リセット状態になった今だから言える話なのだ。
病院で、歴史があるということは、やはり数多くの幽霊がいるということなのだ。

そんでもって、幽霊の話は、タブーで、やってはいないことになって、あえてそのタブーを調査する
秘密を解明したいっていうのも、アスペルガー症候群だからだと思う。

医療関係者は、二極化していて
幽霊を全く信じてない人達。
なぜか、幽霊を異常にびびっていて、どうしてかというと、よく分からないからというか、話だけで、自分は見てないにも関わらず
分からないから怖いっていう、どっちかというと、信じている人達がいる。

後、患者さんは、後者が多くって、信じる者は救われるっていう感じで

私自身が、手術で、患者になって入院していた時に、同じ部屋の人で、夜中に念仏、お経を唱えている人がいたが、神仏にすがるようになったら、終わりだなって思う。

株式投資も、神に祈るしかないっていう某氏の言葉で、今まで、そのお祈り投資法で、成功した試しはない。
大抵は、そういう自体になっているのは、追証がかかったりして、つまり自分の相場観と逆の不利な方向に行っている場合が多い。

幽霊でも、相場でも言えることは、やはり、あるがままに、現状を受け入れるっていうこと。希望的観測にすがると、最悪な結果を生む場合が多いと言うことだろう。

それと、幽霊よりももっと怖いのが、その幽霊の話をやった時の人の反応の方がもっともっと怖いのだ。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。