MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

トイレットペーパー騒動

| 0件のコメント

先週、某大手メディアの某氏と会食した時に
昭和48年の時の千里中央ニュータウンで起こったことについて、調査、研究しているといっていた。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%88%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%9A%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E9%A8%92%E5%8B%95

メディアによって、パニックが全国的に連鎖してしまったのだが
なぜ、大阪の千里中央でそれが起こったのか、色々、調査した所、どうも、印度商人が影響しているのではという結論らしい。
つまり、インドの人達の商圏が、千里中央ニュータウン近辺で、現金しか、信用してない。

大阪では、振り込め詐欺に騙されにくいとか、なかなか、信用について慎重な府民だと思う。
だから、将来が、心配だっていうので、今、将来の価格を、今、決めておこうっていう先物取引が発祥したのかもしれない。

私なりの解釈で、大阪人は、金融に対して、信用してない。
だから大阪がダメなのは、信用取引が発達しないから、信用拡大されないからと言っていた。
いい加減で、多種多様な民族がいるから、現金取引で、現金しか信用しないから
っていう所からかもしれない。

それと、貴金属の金がらみの事件、去年から、大阪で結構起こっている気がする。

金融は、信用創造で成り立っていて、信用が低い状態では、パニック的な金融危機が起こる火種になる。

だから、日本初で、金融危機が起こるとしたら、大阪発になってしまう可能性が高いといえる。

1997年の時の金融危機の時を振り返ると

1997年11月3日 三洋証券 経営破綻
11月4日 無担保翌日物コール市場で、戦後初のデフォルト で 信用収斂
11月15日 北海道拓殖銀行 経営破綻
11月24日 山一證券 自主廃業

同時の株価 日経225を振り返ると
どうも、PKO、プライスキープオペレーションで、買い支えしたチャートを描いている。
信用不安で、下がったのを、無理矢理買い支えたっていう跡がありまくりで
でも、それが、続かずっていう感じになっている。

そこから、98年には、長銀、日債銀行と、公的資金を入れることになってしまうのだった。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。