MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

為替の流れの変化

| 2件のコメント

ここ最近のネタで、1月から、為替市場での変化で
ほぼノーリスクで、年利一割を超える金融商品があった。

あったというのは、過去形になってしまうかもしれない。

つまり、いつまで、法則が続くのだろうって思っていたが
法則が消滅しそうな感じ

美味しい事は、長い間は、続かないものだ。

まぁ、私は、散々、皆に教えたから、皆が美味しい思いをすると
法則は、消滅するかもしれない。

以下、某社へのレポート記事と、その内容を検証するためのURLを記載しておきます。
URLは、契約がらみの関係で、掲載できないことになっているのです。
snsに記事転送した場合も、URLの部分は、削除されてます。
ので、過去の記事もURLが見たい場合は、blog.masaoka.jpに直接アクセスすると見れます。

※2017年3月12日3時に執筆

ほぼノーリスクで、年利1割を超える金融商品を発見!
こんな美味しい話って、滅多にないことかもしれないが

今年になって、実際に、個人が参加できる金融市場で起こっている。
いつまで続くのかは分からないが、現在進行中の現象だ。

どういう風にやれば、それが可能なのかというと

ドル円で買い、香港ドル売りの、ポジションを、公設市場である、くりっく365で建てる。

この組み合わせの凄い所は、香港ドルは、米ドルのペッグ制を取っていて

米ドル1ドルに対して、7.8香港ドルの固定相場になっている。

ということは、1万通貨単位だと

1万米ドルで7.8万香港ドルが、イコールの関係になって

きっちり、リスクヘッジを行うのならば

10万米ドルで、78万香港ドル が、イコールの関係になる。
1単位の取引証拠金は、米ドル 45410円で、スワップ29円

香港ドル 58490円で、スワップが24円となっており

10万米ドルの証拠金は、45410円×10=451000

78万香港ドルの証拠金は、58490円×78=4562220

https://www.click-sec.com/corp/guide/c365/swplog/?year=2017&month=03&pair=HKDJPY

従って、証拠金5013220円で、スワップ金利2910+2478=2162円

受け取れる計算だ。あくまでも、これが続く場合。

10日で、21620円 25日だと54050円

300日で、648600円
年利で、1割を超える計算になる。
香港ドルの発券銀行は、米ドルを信用の裏付けのために保有していることになっている。
現在の香港の金融政策次第だが、香港ドルを円に対して売ることにより、金利を受け取ることが出来て、更に米ドルを買うと、日米の金利差で、これも受け取る事が出来る。

 

そんでもって、日本円に対する価格変動を両方にポジション、買いと売りを建てることによって、抑え込むことが可能になる。ドルに固定されているペッグ制の通貨だと、この手法が使える。


執筆者名:MASAOKA

ブログ名:アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。

 

2件のコメント

  1. 初めまして。 目から鱗な情報ですが、1点教示下さい。
    当方で調べたところ、くりっく365の香港ドル円のスワップは10万通貨あたり24円/日でした
    ので、10万米ドル+78万香港ドルの取引ならば、29×10+24×7.8=477.2円が1日に受取れ
    るスワップポイントとなり、10日で4772円、300日だと143160円になると思うのですが、どこか
    間違っていますでしょうか。
    まだまだ為替初心者なので、ご指摘お願いします。

    • メッセージありがとうございます。

      私が貼っている、GMOクリック証券に、過去のスワップ金利の一覧があります。
      対円通貨取引で、一日当たりのスワップ金利は、香港ドル1万通貨あたり日によって違いますが、24円になってます。他の業者、外為オンラインでも、確認しましたが
      1万通貨であっているようです。10万通貨単位は、ティッカーが違います。
      USDが、USLという具合で、Lがついたのが、10万通貨単位になるようです。

      毎日、確実に、固定された金額が受け取れません。それは、香港の金融政策が影響しているから、絶対ということはありません。

      実は、このブログを見て、わかる通り、香港上海銀行に口座があって、香港ドルは、私は現物で、保有しています。円に対して、香港ドルのヘッジの利用方法を模索していて、つなぎ売りで使う手段を思いついたのです。で、今年の1月から、売りでも、金利がもらえるから、素直に価格変動より、毎日金利を受け取った方が、美味しいかもっていう、思い付きです。

      金融は、絶対ということは、ありえませんが、儲けられるときに儲けるのが鉄則ですね。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。