MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

通所介護 小規模新設 制限

| 0件のコメント

通所介護 小規模新設 制限 自治体に拒否できるようにするようだが

小規模デイサービス施設は、全国で2万ヶ所を超え、大繁盛だ。

なぜかというと、儲かるから、平均では、売り上げの1割利益がでるから

じゃんじゃん新設されるという訳だ。

国は、社会保障費で、倒れそうになるが
ここでも以前からいうように、デイサービスは、100%本人負担にすべきなのだ。

老人から、選挙で票を集める為に、デイサービス、つまりレクレーションっていうやつの娯楽を、介護保険負担っていう感じにしている、利用者は、去年600万人を超えて、大繁盛なのだ。

今回、制限するのは、地域密着型通所介護と呼ぶサービスで、利用人数が18人以下で、在宅の要介護者を日中、施設で預かって、レクレーションするのが、主な役割だ。

今の制度は、過去5年以内に犯罪歴があるなどの欠格事由にあたらない場合は、新設に欠かせない介護保険事業者の指定を拒否できない

通所介護全体の2015年の利用者は、192万人、全国の施設数は、約43000で、15年度の利益率は6.3%で高くて、異業種からの参入が相次いでいる。

厚労省は、宿泊を兼ねた、「小規模多機能型居宅介護」や定期巡回サービスを増やしたいようだが、全国で5000施設ほどで、小規模通所介護の約2割になっている。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。