MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

証券会社の営業誌

| 0件のコメント

毎週、月曜に、投資情報を郵便で送ってくる、某証券会社の情報って
かなり遅すぎだろっていうか、既に、上がっているもんっていう感じ。

しかも、パターンがわかってきた。

売り好きの私にとっては、毎回、買いの銘柄情報
そういや、空売りの記事って今まで、ただの一回もない。

そういや、そういうラジオ番組もある。
決算発表、上方修正 期待っていう感じ。

填め込みラジオ**っていうやつ。

万年強気で、買いしか言わない。

その填め込み専門誌が、米国の大統領選の時は、売って、現金でっていっていた
やはりというかそこが、底になっちゃった訳だが

相場は、売ってなんぼのものだから、買いより、売りの方が、実は、重要だし
商売は、売ることによって成立する。

どうも、株の専門誌とか、専門っていっているわりに、売ることを書いてない。
万年、買い場探しっていう感じで、そんな雑誌を見ても、当然、儲かるわけはなく。

夢を買うっていう、宝くじと同じパターンになっている気がするのだ。

大阪の地場筋の情報で、一般の大衆にまで流れていた某銘柄って、ここ一年、下がる一方方向で

やっぱ、天井近辺を買われた某氏って、悲惨かなって思うのだ。

今日の寄りつきを見ていて感じたことだが

外資系証券の付け替えだと思う。つまり、先物の買いを、現物と交換っていうやつで

現物で、買うために、今度は、円を調達っていう感じで、今度は円高

月末30日は、OPEC総会で、減産合意するかのイベントだが、個人的には、合意なしで、そこから、相場が折り返しパターンだと見ているのだ。
万人強気だと、逆にいくだろって思うのです。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。