MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

税 控除対象 スイッチOTC

| 0件のコメント

来年の1月から、税 控除対象 スイッチOTC医薬品1525品目の購入額が、年間12000円を超えた世帯の税金が軽減される制度がスタートする。

どういうことかというと、症状によくきく成分を含むと、国が認めている医薬品が対象で
12000円を超えた部分の金額で、88000円を上限に、総所得金額から控除を受けられる。

来年1月から、平成33年12月末までの5年間の措置で、セルフメディケーション(自主服薬)税制っていうらしい。

そんでもって、品目、金額が記載されたレシートと、1年間に定期健康診断やがん検診、感染症の予防接種を受けるなど健康管理に努めていた証明書類も必要だ。

なんか、振り込め詐欺みたいな内容だ。
どういうことかというと、所得税が、そのまんま減るっていうのではない。

厚生労働省の試算モデルは

課税所得400万円で、妻や子供らを合わせた購入額が、年間2万円だった場合
そもそも、ドラッグストアで、2万円も薬買う家庭があるのか??って疑問
適用下限額の12000円を差し引いた8000円が、課税所得が控除される。
ここもミソ、所得税が、そのまんま減るのではなく、課税所得が減る訳で、たいして税金が減る訳ではない。
で、所得税国税と住民税地方税は、合計2400円が戻ってくる計算になる。
8000円が戻ってくるのではない。なんか、詐欺っぽいやり方をするなって思う。

高額な医療費を削減する効果を出したいらしいが

早い話が、風邪を引く程度なら、ドラックストアで、薬を買って病院に行くのを阻止したいらしい。
よーく考えたらわかるが、風邪薬をドラッグストアで、年間12000円以上も、普通は買わない。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。