MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

オシレーター

| 0件のコメント

相場、特に、FX、株式、商品先物で、チャートの下に表示させるやつ。

あれ、最近、使ってない。
というか、いつからかというと、20年以上前は、確かに、その通りに来ていたりした
特に、順位相対数RCIとかは、私は、当時は、好きな指標だった。今は、全く使い物にならないけど

いつから、使い物にならなくなったのかというと、石油ファンドが、暗躍しだしてから
外国人投資家の市場占有率が上昇したあたりからだ。

その前から、波が、あって、一目通りにきている時は、三ヶ月ぐらいは、その通りだが
そこから、てんで当たらないのが三ヶ月続いたりするとか、某相場師は言っていた。

なぜかというと、石油ファンドは、アルゴリズム取引で、デイトレードは、VAPとかの加重平均とか
平均移動線に、セットして、プログラム的に、連続して売ってきたり、買ってきたりする。

つまり、買いたい場合でも、買わせないようなつり上げ方をするのだ。
だから、下手くそな人は、見ているだけっていうパターンになって、いざ買えた地点が、目先天井からの下げだったりするのだ。

オシレーター信者って、少数だがいる。
ほとんど、今の時代は、絶滅危惧種になってしまっているが

理由は、その通りに、相場が動いてないから、、、だ。

たまたま、その通りに、相場が動いたら、やっぱ、オシレーター通りだったっていうし
その逆の動き方をすると、オシレーターの逆行現象、ダイバージェンスが起こったっていうし
結局、どっちに転んでも、当たっているという解釈で、余計に、迷う原因になったりする訳だ。

仕手戦の場合は、チャートを作ってきて、いかにもっていう感じの動き方をするが、大抵は、逆になってしまう。ということだろう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。