MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

とうもろこし

| 0件のコメント

職場の帰りに、イオン系列の店で、現物のとうもろこしを 買ってしまった。
毎日、とうもろこしのチャートを眺めながら
売りたい 売りたいと

健康の為、売っとけば良かった。

私の所の会社は、先物取引をする為に、設立した経緯がある。先物屋さんが、法人じゃないと駄目ですねっていうから
法人を設立して、ヘッジ目的という名目で、先物取引をすることに、実際の目的は、儲けるためだったが
年末、クロス取引で、今年は、もう儲けないっていうはずだったのだが、ついつい、こんな美味しい取引を逃したらあかんって
儲けてしまって、社長に怒られたことがある。

どうも、業界の再編が激しくって、日本から、先物取引が無くなるのも時間の問題かもしれない。一応、先物取引の発祥の地なのだが。
後、板寄せ取引は、残して欲しかった。一時間に一回で、楽だったし、相場にメリハリがついて、分かりやすかった。
ザラ場の連続約定になって、穀物系のチャートも、グジグジするようになったし

日本の商品市場は、完全に終了していて、そもそも流動性がないし、やるのだったら、シカゴとか、ニューヨーク、香港、上海、大連、シンガポール、ロンドンだろって思う。
国内で、取引する意味が、あまりない。

相場的にいうと、東京とうもろこしは、売りだ。後、大豆も、売りで
商品取引ブローカーの米リン&アソシエイツから生産高予想が出ていたが、今年は、大豊作のようだ。
そんなわけで、中国、韓国は、来年から、作付け面積を減らす計画のようだ。

コーンが大豊作で、エタノールの生産量が増加すると、当然、ガソリンの値段も下がる訳で、WTIの原油も下がる原因に。
そんでもって、フレート、海上運賃も安いし、今日は、29ドル90セント、前日比6セント安だった。

http://www.comtex.co.jp/www/?action=meigara&page=sheet2&article=T-corn&kind=d

今のところ、天候相場で、収穫が確定してから、今度は、受給相場になるが
ここ最近の株式市場を見ていて、よくわからない動き方をする日本市場を相手にするよりも
SECの監視下の米国市場のほうが、きれいなチャートをしている。

日本市場は、日銀の官制相場で、そんでもって、ヘッジファンドの超高速取引で、荒らされ放題。
ヘッジファンドの注文取り消しとかは、やっぱ、規制すべきなんだろうなって思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。