MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

VYLPRが医薬品に匹敵する低用量で抗不安作用を示す

| 0件のコメント

そういや、ADHDの彼も、いつも、不安ばかりで、あーでもないこーでもないと、心配していたが

私の場合は、アスペルガー症候群+若干ADHDっぽい。

精神的ストレス緩和物質で、低分子ペプチドVYLPRが医薬品に匹敵する低用量で、抗不安作用を示す。これって何かというと、卵白に含まれるオボアルブミンというタンパク質が腸内で分解されて生じるVYLPRは、抗不安作用を示すらしい。

ということは、卵白を食べることで、抗不安が解消されるのかもしれないが、そもそも卵、卵白のタンパク質って、加工法、熱によって、変化するから、なんとも言えない。

https://shingi.jst.go.jp/past_abst/abst/p/10/1024/kyoto3.pdf

http://www.annual-report.kais.kyoto-u.ac.jp/j/2010/contents/pdf/03/2-7-6.pdf

http://www.jsnfs-chubu.jp/mt-img/file/61abstract1.pdf

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/pdf/21/48.pdf

http://www.nakashima-foundation.org/kieikai/pdf/22/48.pdf
そういや、卵かけご飯を食べるときに、卵白を捨てていた某氏は、精神不安が、メチャクチャ凄かった、普段、何もないのに、手が震えるぐらい。

水道水に炭酸リチウムを入れると、自殺率が減少する。つまり温泉水を飲むと、血液中のリチウム濃度が上がるから、抑うつ気分や不安感などの精神症状が改善すること、血液中のリチウム濃度が上がると神経細胞の成長に関わる「BDNF」というタンパク質の濃度が上がる。

経済崩壊が迫っている国は、暴動を抑えるために、水道水に炭酸リチウムを入れることを検討している所とか、既に入れている所などある。
ただし、脳・神経系に影響を与えるばかりでなく、心臓病や不妊まで引き起こす。

薬物って、副作用が怖いっていつも思います。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。