MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

​ リスクは、いつ取るべきか

| 0件のコメント

昔、スペースシャトルのチャレンジャーの事故で、レーガン大統領のメッセージで

未来は臆病者の手にはありません。勇者のものなのです。」

まさに、その通りで、リスクを取らないと、未来はない。
じゃあリスクをいつ取るべきかということになる。
ユダヤ人の根本となる「タルムード」では、「先に失わなければ何も得られない。何も失わず、楽して成功することなどあり得ない。」と説いている。

ノーペイン・ノーゲイン(痛みなければ得るものなし)

今の日本を見ていて、リスクを取らない、取りたくない、いや取れない人が多い。
リスクを取る機会をためらっていて、じり貧状態になっている会社は多い。
遅かれ早かれ、リスクは、取らざる終えない。ということだろう。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。