MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

社会主義、役所がいけてない理由

| 0件のコメント

社会主義思想は、素晴らしい。ただ、その通りに行くかというと、うまくいかない。

実際、マルクスが掲げた社会主義建設は、ソビエト連邦で、1世紀持たなくって崩壊。
マルクスの資本論は、確かに素晴らしいが、その通りにはいかない。どうしていかないかというと、怠け者の役人が、必ずいるから、絵に描いた餅になってしまうということだろう。

資本主義、民主主義国家でも、役所の中は、社会主義国と、何ら変わってない。
これが証拠に、東京都知事は、居座ったまんま。役人は、保身、利権を簡単に手放すことはない。まして、よっぽどのことが無い限りは、自分からやめることもない。

ノーベル経済学賞を受賞したミルトン・フリードマンはかつて「もし社会主義政権にサハラ砂漠を管理させたら、すぐに砂が足りなくなる」と語ったが、日本の役所も、そういう状態で、予算っていうやつは、とにかく、残さないように、限界まで使う。小学生に、お小遣いを渡したような感じになっている。

今、社会主義で、破綻しそうな国は、原油の確認埋蔵量で、世界一のベネズエラが、崩壊しそうだ。理由は、去年から、原油価格が、下がったから。

そんでもって、埋蔵量が、世界一の国なのに、原油を他国から輸入している。
そんでもって、食料や、生活物資のありとあらゆるもの不足も深刻で、その原因が、計画経済、通貨統制、物価急騰が原因で、インフレ率が720%

凶悪犯罪に至って、もっとも危険な都市は、首都カラカスが、1位になった。
ベネズエラの殺人発生率は一日当たり52.2人、約28分ごとに一人が殺害される計算

食糧不足で、略奪や、犬や猫、鳩を狩って食料にしている。

そんでもって、政府が、力尽くで、商品を差し押さえて、勝手に安売りの価格統制。

「民主社会主義」とは、社会の一握りが富を独占していると不公平を訴えることにより、富を富裕層から合法的に盗むことを指す。

ここ最近、世界的に、政府が、社会主義化、計画経済。市場のコントロールしている気がする。特に、日本の場合は、株式、債権市場は、崩壊しつつある。

過去数十年間でベネズエラから国外へ逃れた医師の数は1万3000人に上ると推計
つまり、お金持ちや、知識人は、国外逃亡というわけだ。
これは、どっかの国も、似たような感じになってきている気がする。

https://venezuelainjapanese.com/

お金が、価値を計る道具ではなくなってしまっている。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。