MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

Mac が おかしい時にする事 ハードウェア編

| 0件のコメント

Macのハードウェアが、おかしいかもしれへん。
っていう場合は、実は、Appleから、ハードウェア診断ソフトがでている。

重要:お使いの Mac が 2013 年 6 月より前に発売されたものの場合、Apple Diagnostics ではなく、Apple Hardware Test を使用してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT202731

Apple Diagnostics を起動するには

  1. コンピュータの電源が入っている場合は、Apple () メニューから「システム終了」を選択してコンピュータの電源を切ります。
  2. 電源ボタンを押してコンピュータを起動します。
  3. すぐに「D」キーを押し、Apple Diagnostics が開始するまで押し続けます。
  4. 以前にコンピュータの表示言語を選択したことがある場合、「Checking your Mac」画面がその言語で表示されます。

    基本的な Apple Diagnostics テストの所要時間は、約 2 〜 3 分です。診断中は、プログレスバーでテストの残り時間が示されます。

    • 問題が検出されなかった場合:「No issues found」というメッセージが表示されます。
    • 問題が検出された場合:Apple Diagnostics が終了し、診断中に見つかった問題の簡単な説明、リファレンスコード、および追加手順が表示されます。次に進む前に、これらのリファレンスコードを書き留めておいてください。

 

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。