MASAOKA

アスペルガー的発想からの独り言から、進歩しました。 https://sns.masaoka.jp/

日本国籍の無い人が、日本の除籍簿を取得する

| 0件のコメント

先日、除籍簿の話を書いたが、日本国籍が無い人、つまり、外国に住んでいる人が、先祖の除籍簿を取るっていうので、はまっている。

今年の正岡会で、ミクロネシアから、わざわざ参加してくださるミクロネシアの正岡一族の人が、100年ぶりに、お墓参りしたいというので、調査中

役所に聞くと、戸籍取ったらという町長さんからのアドバイスで、とりあえず、戸籍課の人の話を聞くと、そりゃ、戸籍とっても、お墓の位置までは、書いてないって、そりゃ納得。

そんでもって、日本国籍がない人が、戸籍を取得するので委任状がいるとか、まっ普通に考えても、そりゃそうだろうって思うが、なんせ、今までやったことがないし、英文の委任状で良いのかっていう話で、そもそも、日本語がわかる人は、長老のお婆さんしかいないし
今のところ、役所側の、調べてみないと、分からないらしい。そりゃそうだろうって思った。

余談だが、以前、私が、米国で作った会社を、日本の法務局に登記した時も、今までやったことがないから、分からないと、しばらく放置されて、でも無事に登記された経緯がある。

現状からいうと、弁護士か、土地家屋調査士の先生に頼むしかーです。

それか、外務大臣やっていた時に、一度、お参りに来たらしい。外務省の職員と、町役場の人も、お墓についてきたらしいのと、お寺が、三カ所あって、云々っていっていたので、どうも、愛媛の地元民じゃないと、無理っぽい気もする。

とりあえず、早急に解決させる為、地元の愛媛新聞の社会部にも、正岡さんがいたので、協力を仰いでおきました。

コメントを残す

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。